コロナワクチン:2回目接種終了! | 和道ライフコーチ・志野デスーザ・ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

和道ライフコーチ・志野デスーザ・ブログ

ブログの説明を入力します。

1度目のワクチン接種(宝石ブルー)から1ヶ月が経ち、2度目の予約日がやって来ました。初回時はナーバスだったものの、その後の副反応がなかったこと、また会場である高校の体育館の様子や接種の流れをすでに経験していたため、今回はリラックスして臨めました 照れ

 

宝石ブルー 1度目の体験談はこちら

 

知人(読売新聞・論説委員)の記事

 

 

午後4時の接種後、看護婦さんから「水を充分に飲んで下さい。また今回は1度目より副反応が出るかもしれませんが、その際はIbuprofenやTylenol(アメリカで一般的な痛み止め・風邪薬)などを摂って下さい」と言われました。

 

私より早い時期に2度目の接種を終えた主人には、注射を打った二の腕の痛みや微熱が出たので、私もそうした症状は予期しつつ帰宅・・・その夜はいつもとなんの変わりがなかったものの、深夜から悪寒と微熱、筋肉痛が始まったため、看護婦さんの指示通りの薬を飲み、翌日は安静に過ごしました。

 

翌々日にはそれらの症状が治り、元気も戻ってホッニコニコ

 

 

コロナワクチンの接種は努力義務ですが、ここアメリカでは未だにマスク反対者が多く、断固としてワクチンを否定する人々もいる中、一体いつになったらこの状態が収まるのかと気が遠くなることも・・・

 

日本もまた、ワクチンへの懐疑心が高いと言われる国、、、だからこそ、いち早く日本人として海外で接種した体験談をシェアし、少しでも参考にしていただければと思った次第です。

 

私自身、日頃は代替医療を好むほうですが、今回接種を選択した個人的な理由は以下の3つ・・・

 

1. アメリカでのコロナ罹患率の高さ、そして実際に友人知人が次々と感染し、中には亡くなった人達もいることから、「自分の身は自分で守らなければ」と切迫感を持った。

 

2. 今後 ”ワクチンパスポート”(国際的に通用するワクチン接種証明書。欧州連合(EU)、イスラエルなどで導入が検討中)が必要となった際、日本へとどこおりなく帰国(入国)出来るよう、今から最善を尽くしておきたい。

 

3. 私達夫妻がワクチンを接種したことで、「コロナが落ち着いたら、”ヒーリング・ランチ(Healing Ranch=癒しの牧場)”へ行きたい!」と言う人々に、安心して来ていただきたい。

 

との思いからでした。

 

 

標高2,000メートル以上の”ヒーリング・ランチ”では、まだまだ寒さが続きますが、それでも木々の蕾が膨らみ、その周りを蜂たちが飛び交い、確実に春が近づいていることを感じる日々コスモス 今日は快晴の中、いつものように愛馬たちと戯れました 馬 

 

 

 

いずれコロナが収束し、このブログを読んでくださっている方々の中にも、いつか私達の牧場でお会いできることを願いつつ・・・キラキラ