伊藤園レディスとグレートアイランド倶楽部 | 女子プロゴルフ Plus+

女子プロゴルフ Plus+

女子プロゴルフと女子アマゴルファーについて書いています。集中応援は、諸見里しのぶ、岡村咲、森田遥、森美穂、葭葉ルミ、三浦桃香の各選手です!


テーマ:

今週末は伊藤園レディスです。

最終戦のツアーチャンピオンシップリコーカップは限られた選手しか出場できませんので、それ以外の選手にとっては、伊藤園と大王製紙エリエールの2戦ということになります。

 

会場はいつもの、グレートアイランド倶楽部ですね。

 

 

大会は1985年から開催されていますが、ここグレートアイランド倶楽部での開催になったのは、1994年からですね。

その頃で特筆すべきは、ローラ・デービースが3連覇を果たしたことです。

実はコースの細かい部分が当時とは違っています。

 

このコースは伊藤園と本庄一族を抜きにしては語れないものがあります。クラブ概要

私もうろ覚えで申し訳ないのですが、確かローラ・デービースが圧倒的な飛距離を武器にして勝ってしまい、日本選手の歯が立たなかったので、ローラ対策でバンカーを増やしたりしたと思います。確か、16番の左バンカーとかそうだったと思います。

 

そのおかげか、近年では、必ずしも、「飛ばし屋が有利」とは言えないコースになっていると思います。象徴的なのは、2014年、前田陽子選手の優勝で、彼女はダンボール工場のアルバイトをしながらツアーに勝ったというシンデレラストーリーを作りました。

 

やはり、見どころは終盤の3ホールです。特に最終日。

16番はグリーンの段差が凄くて、同じ4畳半くらいの面に乗せないと、バーディーが取れない、もしくはボギーになってしまいます。

 

17番は左が池。最終日はその池近くにカップが切られることが恒例。

避けようとすると、右のバンカーに入り、難しいバンカーショットを強いられます。

 

18番も左が池。最終日は左手前にカップが切られるので、展開次第で狙うのか、安全に真ん中に乗せるのかで、スリリングな展開が予想されます。

 

今年は気温も例年に比べて寒くない予報です。

どんな戦いが見られるでしょうか?

 

プロツアーの人気ブログランキングはこちらから(^O^)/

 

いいね!のついでにぽちっとお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
私の別ブログ「100の壁」には⇒にほんブログ村 100切りゴルファーから行ってみて下さいね(^O^)/

座和さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス