女子プロゴルフ Plus+

女子プロゴルフ Plus+

女子プロゴルフ Plus+は、女子ゴルファーをプロ、アマ問わず応援しているブログです。

ようこそ!女子プロゴルフ Plus+ へ
女子ゴルファーをプロ、アマ問わず応援しているブログです。

私の別ブログNEW「ゴルフ100の壁」 FREEでは、100の壁を突破するレッスンやシングルを目指すヒント、ラウンドレポート、クラブの試打記事を書いています。※人気ブログランキング経由で進んでくださいね。
 

富士通レディースに主催者推薦で出場する、吉田優利さん。

5月に左手を負傷しながらサロンパスカップを戦い、全米女子オープン出場を果たしました。

ただ、その代償は大きく、しばらくはクラブを握ることさえままならない状態でした。

 

そんな彼女にスポットをあてた記事が、GDOから出ました。

 

”アマチュア吉田優利 プロテスト前の最後の一戦へ”

 

吉田優利さんは、最終プロテスト前、最後の試合となります。

ただし、怪我前に比べると、現時点では、100%は戻っていません。

ステップの試合でも、本来の力からすると、スイングはまだまだという感を受けていました。

 

2018年は、日本女子アマと日本ジュニアの2冠を同一年制覇。

これは、2003年、宮里藍さん以来なので、凄い成績だったのです。

これを受けて、自分もパナソニックオープンレディースでは、彼女に帯同しました。


1番ホール、ティーショットの飛距離は抜群。

あのルミルミを凌いでいき、セカンドもビターンと寄せ、バーディー。

これが5月1日だったので、女子ツアー、令和初のバーディーとなりました。

 

そんな吉田優利さんなので、やっぱり注目なのです。

強豪アマチュアが揃う初日のペアリング、ミレニアム世代にも目がいくというものです。

 

 

GDOの記事が出たすぐ後に、吉田優利さんからは感謝のツイートもありました。

 

 

こういったところ、吉田さんはいつでも律義なんです。

ただ、パナソニックで見たときも、プレーは堂々としていました。

何はともあれ、ベストプレーをして、最終プロテストに臨んでもらいたいです。

 

 

いつもありがとうございます(^O^)/

私の別ブログ「100の壁」は、こちらの人気ブログランキングから進んでください。

最新記事:片山晋呉の短尺ドライバー