ロンドン旅日記3


イギリス日記がストップしておりましたが、さすがに年越しするのもなんだし、

わが身に鞭打って、書いてしまいたいと思います。


11月2日。


この日もロイヤルオペラハウスにバレエを観にいくことに。

前日のホームパーティーでのお酒が残っていて、寝坊してしまったけど、

急いで支度をして、コヴェントガーデンへ当日券を取りに。


演目は、「マイヤリング」。

最近、私が一番好きなダンサーである、タマラロホ主演です。

無事、当日券をゲットでき、一安心。

ロイヤルオペラハウスのある、コヴェントガーデンは、夜も美しいが、朝もまた爽やかで気持ちがいい。


こころの音色
 

いるだけでワクワクして、かつホっと落ち着ける場所でもある。


こころの音色

私、ロンドンで一番自分と「気」が合う場所が、このコヴェントガーデンような気がします。

前世は「マイフェアレディ」のイライザだったかな(笑)
こころの音色


さて、夜まで時間があるので、ぶらぶらウィンドーショッピング。


こころの音色

11月に入り、どこのデパートもクリスマスのディスプレイが。

2年前と違い、今は円高ポンド安なので、楽しいこと楽しいこと(笑)

日本の物価より、確実に安く感じます。

私の好きな、イギリスのアロマブランド「ニールズヤード」の商品をいくつか購入しました。

日本で買うより、3~4割は安かったです♪


こころの音色

ショッピングがあまりに楽しかったからか、コヴェントガーデン~友人宅まで、

気づいたら、地下鉄6駅分も歩いてしまいました!笑


スーパーでおゆうはんの買い物をしてから、帰宅。

(私はイギリスに来ると、いつも風邪気味になるので、

今夜は、野菜たっぷりのミネストローネを。)


そうこうしているうちに、開演まであとわずか。

慌てて家をでて、再びコヴェントガーデンへ。



こころの音色


大好きなタマラロホに、彼女の本拠地、ロイヤルオペラハウスで再会できるなんて、本当に幸せ。

今年、タマラの舞台を観るのはもう4度目だなぁ。。贅沢ですよね。


マクミラン振付の「マイヤリング」は、彼女の真骨頂ともいえる演目。

全編F.リスト作曲の、重厚でドラマティックな音楽が、悲劇的な物語を盛り上げます。

豊かな心情を投影するマクミランの振付は、ダイナミックかつ繊細。

そして、すべてにおいて無駄がない。何をやっても説得力があるということなのでしょうね。

音楽との関連性にも一切の無駄がなく、一体化している。(嗚呼、私もこういう演奏がしたい・・・・・・。)

情熱的なカルロスアコスタとのパートナーリングも見事で、

客席全体が息を止めるほどの緊張感を持って、

その破滅的な恋のゆくえを、見守っていました。


この日の公演は、先日観た「眠り」より数倍素晴らしいと思ったら、

やはりカーテンコールでは、スタンディングオベーションでしたね。

こちらの観客は、反応が素直です。


観客が舞台を育て、また舞台も観客を育てる。

どちらか一方通行ではなく、互いを高めあう関係がここに存在する。

豊かな舞台芸術は、こうして育っていくものなのかもしれませんね。