奮闘949日目〜現場にて | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『大事な仕事の時ほど何故か穴を開ける営業マン』福永です。関係各位の皆様方には本当に申し訳ないと思っています。

さて、今日は新年明けて、一発目の機械の納品がありました。昨年の夏くらいからご相談いただいていた案件で、年末に発注を貰い、今日がその納品日でした。

そんな大事な日。私はというと。

現場仕事をしておりました。。。


まぁ、考えてみたら、これまでも。
機械の納品に立ち会った記憶はそれほど無く、たいがい、他の仕事を当日やった後に、納品先のお客様のところに出向き、間に合わなかった非礼を詫びつつ、無事に納まった事に安心する。だいたいそんな感じでした。そんな営業マンでも許してくれるお客様には、感謝の想いしかないです。

そんなこんなで今日は朝から現場仕事。

これまた珍しく現場に張り付いて、お仕事してました。元来、頭を使うことは得意でも、体を使うのは不器用過ぎて役立たずにも程があるので、現場にいても役立たずの味噌っかすで。。だから、出来るだけ早めに、現場から立ち去るという去就を繰り返していました。

考えてみたら、大型納品も、現場作業も、出来なくて。

こんな営業マンはあまり居ないかもしれないですね。

それでもまぁ。

私がこの職業をこなせてるのは、

第一に職場の仲間の協力があるからこそ。

第二に、寛容なお客様の存在。

第三に、尽力してくれるメーカーさんの心意気。

なんだと思います。

我々は一般的に言えば、卸売と小売業の間に位置する流通業だと思います。専門業に特化した営業マンだからこそ、会社として成り立つわけで、お役立ちの精神がなければ、そこ吹く風というように、吹けば無くなる会社です。そこをペーパーマージンと言われないように、価値を創生するのが当社の営業マンで、商品以上のプレミアをいかに作るかが職業だと思います。

久しぶりに現場に立つと、味噌っかすのせいか、考える時間もあって、そうした事を、凄く考えながら、私は1日過ごしています。


シノザキ奮闘記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス