奮闘948日目〜48 | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『お風呂で1番最初に洗うところは左腕』福永です。きっと誰も興味のないプチ情報①をお伝えしました。

さて、暖冬だと言われている今年の冬。とはいえ、やっぱり冬は寒いもので。先週、那須の温泉に行ったら、路肩の端っこには雪がチラホラ溜まってました。今週末は、鬼怒川温泉にてお客さんの新年会。雪はないだろうけど、きっとそれなりに冬の寒さを体感できるだろうと思います。

突然ですが、皆さん。

自宅のお風呂の温度設定って何℃ですか?

家庭によって様々だろうけど、だいたいは42〜43℃くらいでしょうか。私の実家もそれくらいでした。

そして、ここで誰も興味ないプチ情報②。
我が家の温度設定は48℃です。鹿の湯並みの高温です。おじいちゃんが入るくらいの熱々のお湯で、日々の疲れを洗い流しています。

まぁ、私も若い頃は、ぬるま湯で満足できてたんです。それこそ、43℃くらいにして、水を足したりして温度調節して。

だけど、いつの頃からか、熱いお湯の良さがわかるようになりました。そこから、段々と設定温度が上がり続けて、今や48℃に至っています。

たまに温泉行くと、ぬるい温度に満足できず、より熱いお湯を求めて、やたらと上流側に身を寄せて鎮座してたりします。そういえば、栃木の超有名な温泉の鹿の湯でも、おじいちゃんに囲まれて、1番熱い湯船で身体を温めていた記憶があります。

肉体的に言えば、あまり熱いお湯に浸かることは良くありません。だけど、蓼食う虫も好き好きで、私は熱くてピリピリするお風呂が大好きです。

私たちの日常には、生まれの違う色々な考え方や好み、それに得意な事や不得意な事があります。その違いについて、アレコレ考えるのは重要な事だけど、正しい事を押し付けることは、正義ではなく、ただの傲慢だと思います。行動には何かしらの意味がある。それは私的な事かもしれないけど、行動原理として存在するのだから、そこは他人がとやかく言う事ではない気がします。

話が逸れてしまって如何ともしがたいですが、
結論から言えば、ためしてガッテンなわけです。

とりあえず、試せ!
そして、感じろ!
納得したら、ガッテン!

そんな感じです。

今夜のためしてガッテンのプログラムは、揚げ物特集でした。バッター液の存在は知っていたけど、パン粉をあんなにふんだんに使う調理方法は認識していませんでした。それに、お塩で油の温度の180℃を見極める方法も目がテンでした。早速これは明日にでも試してみたいと思いました。

パン粉もったいないけど、明日はきっと我が家の食卓にはトンカツが鎮座してると思います。

皆さんも、一度。試してみてください。揚げ物と48℃のお風呂。肉体的には、どちらも良くないですけれど、そこはやってもいない他人様が文句つけるところではありません。やってみて、納得すればガッテンして、ダメだったら自分に合うやり方を探してみる。

そんな探究心ある行動を普段から心掛けたいと思います。


シノザキ奮闘記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス