奮闘946日目〜今期に買ったキッチン道具 | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『愛用の料理本はすてきな奥さんお料理教室』福永てす。1998年の付録が今も手元にあって良く参考にしています。



底値ノートに書かれていたのは、20年くらい前の宇都宮近辺のスーパーの値段。レタス一玉が78円。もやしは19円、人参は78円とか、懐かしいです。それに、Uマート笑笑。宇都宮大学近くで今は、はなまるうどんがあった場所にあったスーパー。懐かし過ぎて鼻血が出そうです。

さて、考えてみると、自分でも引くくらい主婦的な料理男子な私。キッチンに立つのは男の嗜みとばかりに、日々腕を磨いています。料理が苦じゃないのは、たぶん母親の教育の賜物であり、大学時代に、めちゃくちゃ貧乏だったおかげです。

そんな、私。

だいたい年末になると、何かしらの料理道具を買い揃えています。2019年は買い足さなかったけど、例えばフライパン。いつか、自分で鉄鍋を育てたいと思いながら、フライパンで妥協するので、とりま買うのがフライパン。それに、包丁。研ぎ石やら研磨器も持ってるけど、いくらあっても欲しくなるのが包丁で。だいたいレギュラーで使うのは、三徳とセラミックとペティなんすけど、ヘビロテ過ぎてすぐにダメになっちゃうんすよねー。

年末は、そんな感じで。

だいたい、新しいフライパンと包丁が我が家のキッチンに並んでいます。

ただ、今年はといえば。
前述の通り、フライパンは買っていません。
それに、包丁も新調していません。

代わりにコレを買ったので。


雪平鍋ー❣️

前から欲しかったんすよー♫
雪平鍋❣️

軽くてすぐ温まるし、対流起こりやすくて味の均等感がめちゃくちゃ良くてー♫

鉄鍋はそのうち買うけど、まずは扱いやすい雪平鍋を今年買い足しました。

もうね、素晴らしいっす。この鍋。
圧力鍋や低温調理のBoNiQに負けないくらいの完成度です。

マジで軽くて扱いやすい。
それに、熱の伝わりやすさや保温性が半端ない。
あと、落し蓋との相性スゲーっす。対流が起こりやすいので、味の染みが目に取るように分かって、それを落し蓋が受け止めながら食材に味を伝えてくれるようで。

もちのろんで、すてきな奥さんには鍋の欄には雪平鍋が紹介されてましたよー。

しかも、鍋自体が安いという。1280円って笑笑


たぶん。今後もこれからも、きっとその先も。
我が家ではこの雪平鍋が大活躍すると思います。

圧倒的に使いやすくて、重宝する雪平鍋。

体験した事ない人は、買ってその便利さに気づいて驚いてほしいです。

PS.来年は。
落し蓋を買いたいです。木の落し蓋。今のところ、アルミホイルをキッチンバサミで切って代用しているので、これが是非欲しい。木製品はキッチン使いすると、カビやすいけど、目の詰まった硬木なら手入れもしやすくて長年使えると思うんすよね。

我が家のまな板(もくもく祭りat 2017)もそうだけど、愛着のあるキッチン道具は手入れして、長く使いたいなーって思うんす。

今年のろまんちっく村イベントや、もくもく祭りで落し蓋フェア笑笑をやってくれれば、即買いなんすけどねー。

でわでわ。


シノザキ奮闘記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス