奮闘939日目〜仕打ち | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『ネガティブな事柄も書き綴る』福永です。どうにもこうにも今日はテンションが下がったので。

さて、自由経済とはなんでしょう。
自由経済とは、大きな権力に左右されることなく、自由に経済活動が出来る様です。

では、資本経済とは何か?
資本とはすなわち、実質的な価値が見えない商品に対しても、その将来性や運用価値を見出す経済活動です。簡単にいえば、スポーツや芸術に、資産意義をもってその活動を包括的に資本としてみなします。

現代の日本において、経済はこの2つの柱によって支えられており、自由である前提で、将来に投資が出来るという地盤で経済活動ができていると思います。

大まかにいえば、そんななか。

労働者たる我々もそうした状況にあることは間違いありません。

つまりは、自由な労働=適切な対価。職業選択が法的にも認められるので、労働は自由。資本とはすなわち将来性を含んだ可能性なので、適切に対価を払わなければ、社会は回っても、会社は泥舟です。

ここで、思うのは、会社が上ではなく、そもそも職業を選べる我々の方がこの資本経済でいえば立場が違うかもしれない。

簡単に言うと、企業は人なり。でも人は企業ではなく、人は会社の将来を資本としてみなして離れたり、また舞い戻ったりするわけです。


なので、なんとなく、今日なんとく思ってしまった事がありまして。資本となる可能性を選ぶのは、雇用される側ではなく、労働力を提供する側なんだと思います。


ココハジブンノイバショナノカ。別に、コノカイシャの為にハタラカナクテモってもって。



この度の仕打ちを受けて、
その打開策や報告がないまま、過ごす週末。


なんだか、あきれ果てて。

当社のどこに出しても恥ずかしくない社訓を思い返すにあたり、かなり残念になってしまいます。


役員一同には、企業理念をA4用紙に紙いっぱい書き記したレポートを出して欲しいです。今回の不始末を笑って許せるほど、私は人生を考えていないわけではないです。

ではまた。

シノザキ奮闘記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス