奮闘926日目〜感傷に浸る | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『言葉の意味について、掘り下げて深度を探って考えるほう』福永です。誰もが簡単に思う事を言葉にできるのが近年。我々はもっと、言葉の意味を知る必要があると思います。

さて、今日は。
シノザキ大感謝祭を無事に終えました。

終礼の時に、当社の代表が口にしていた言葉が耳に残りました。「今日は大感謝祭。お疲れ様でした。」

そこまで考えての発言ではないとは思うけど、私は深度を探るほうなので、少し考えました。

感謝は誰にすべきなのか。

当然、お客様には感謝です。

それにメーカーさんや問屋さん。

もっとさらに、従業員やその家族。


色んな人の手助けで、私は今を生きています。
感謝は一般に、ありがとうって意味です。

でも考えてみると、感謝の感は感じるって事。
感謝の謝はごめんなさいって事。

逆説的に、ごめんなさいがありがとうに変わるこの言葉は、どれだけ深い深度で掘り下げても、到達できない境地になってる気がします。

忙しいなか来てくれたお客様。感謝っす。
忙しいのに参加してくれた取引先の皆さん、感謝っす。
それに、土曜出勤で朝も早いなかに出社した仲間のみんなに感謝です。僕ら営業マンはみんなの働きがあって日々活動できています。

色んな感傷に浸るセンシティブな我々は、感謝と感動を、支えてくれる皆さんに伝えるために、よりセンシブルにならないと、ダメだなって思いました。

秋の夜長が深まるこの季節。
イベント開けに思う事。

感傷に浸る私の感想です。

ではでは。

シノザキ奮闘記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス