奮闘913日目〜スコッチ | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『ビューとダイナはだいたい品番で色名と色味がわかります』福永です。でもスコッチはまだまだ勉強不足です。

さて、業界でしか通じないカルの話は置いといて、今日帰りがけに、9月に入社した新人さんとお買い物をしてきました。みんな大好き昌平会長のお孫さんです。そんなペーペーの新人とお買い物。彼おススメのお酒を2人仲良く買って帰りました。


スコッチウイスキーのグレンフィデックの12年物。
中開けるとこんな感じっす。

正面からだと分かりにくいけど、中の瓶も三角形になっています。

早速、今夜ハイボールメインで飲みました。
以下そのレビューっす。

香りはどちらかというと、どっしりとした重さより爽やか溢れる軽い感じ。それでいて、樽で熟成された程よい匂いがしっかり移っていて満足感が残ります。ロックで飲んでみたら後味はキレが良く、すごく飲みやすいウィスキーって印象でした。樽ウィスキーとしてミディアムかライト系の味わいだなーって思いました。

ボンがハイボール勧めたので、炭酸メインで飲んだけど、個人的にはロックか濃いめの水割りが好みかなぁ〜。ゴクゴク炭酸飲むなら、もっと香りを抑えたカクテル系のデュワーズの方が好みっすね。柑橘系添えてもデュワーズなら香りで喧嘩しないし。もちろん、ホワイトラベルのお話ですよー。

グレンフィデックが不味いわけではなく、好みの問題だと思います。というか、どちらかといえば美味しい部類に入ります。だけど、これをハイボールで飲んじゃうとおつまみに困る感じっすね。日本酒の当てのような濃い味付けではどちらも味わい楽しめないし、クラッカーとかナッツ系の軽さだと、少し物足りない。鯖の水煮とかのアレンジ品を肴にならベストな組み合わせになるなーって思いました。後、鰹節そのまんまとか、プロセスチーズとか、果物で言えばプラムあたりがよく合うかと。

どちらにせよ、可でも不可でもない。飲みやすいウィスキーの印象を持ちました。あくまで主観ですが。
焼酎でいえば魔王や森伊蔵系っすね。飲みやすくて美味しい。爽やかで後味スッキリ。そんな印象です。

色々、偉そうにレビューしてみたものの、この手離れの良い香りは美味しいっす。その一言。
飲み方は人それぞれで、正解は無いし、おつまみもそうっす。

でも、自分以外の人が美味しいっておススメしてくれるお酒を飲むと、自分の価値観が変わったり、価値観を再認識できて楽しくなります。毎日飲んでるお酒だからこそ、変化しづらいし、マンネリ化しそうなので、違う世代のりょう君が飲んでるお酒を学べるのはすごく新鮮だったと思います。

今夜のお酒も美味しかったー!
今度は時期社長に自分のおススメの焼酎を飲ませようと思います。

とりま、山猿・尾鈴山蒸溜所、石の蔵から・バニラでググっとけ〜‼️新人さん。

ではでわ。


シノザキ奮闘記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス