奮闘823日目〜探究心と想像力 | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『勝てないな〜って悟ったのは最早10年以上前』福永です。昔、石垣島で生活してた頃、今や宇都宮大の学長となってしまった教授に誘われて、西表島に行きました。その頃飲むたびに色々な破天荒な話に付き合わされていたけど、この西表島での衝撃は忘れません。観光で行ったはずなのに、急に、河川に流れる水量を測り始めて。一緒に行った若手研究者と水量に関する考察をしだすという、研究者ハイな行動を目の当たりにしました。そのうち、何かしらの命題を見つけそうなので、場所を変えると今度は、その場にいたカラスのサイズについて議論を始める始末っす。研究者の探究心に、本当に驚かされた思い出です。その時に必要な調査を俺に全投げして行った夜の街でも、嬢相手に色々な講義を展開してたんだろうなって思います。

さて、先日。
ろまんちっく村さんにてイベントを行いました。そろそろ、それから1ヶ月が経とうとしています。イベント事って、その目的がどうであれ、しっかり反省する事が1番重要な事なんだと思います。終わったから終了❗️ではなく、終わったからこそ、次はどうするか❓結果はどう繋がったのか❓それぞれ考える事が大切です。

イベント自体の意味合いをその時に理解できてなくても、以降の想像力や創造力でイベントの価値はグッと上がると思います。

私はというと。

今回のイベントでレーザー加工機について詳しくなりました。たぶん、株式会社シノザキの中では2番目にレーザー加工ができる男に昇華しました。

普段、加工物はそれほど得意ではないので、この進化は驚異っす。業界知識量はたぶん日本一だと思われる男が、加工業界でも活躍しそうな気がします。流行りの二刀流ってやつですわ。。。

そんな両刀使いの私。
今日は土曜日で、少し定時までに時間があったのでこんなん作りました。


かぼちゃの馬車の置物。
玄関先に置いて車や家の鍵を置いてもいいし、なんとなく飾ってモニュメントにしても良い。可愛い仕上がりです。

考え出した始めのうちの1時間はデータ弄って、実機のレーザー加工機の調整で1時間。短い間だったけど、それなりに上手にできた気がします。この草案ができれば後はただ生産していくだけです。計ってないけど、30分しないくらいで一基分は作れた気がします。

新しい事考えて、今まで出来なかった事に挑戦するのは、たぶん例外なく人類であれば好きだと思います。きっかけはきっと些細な事で、考えない人は見失ってしまうかもしれません。でも、今回のようなイベントがあって、それの復習や思い出しで何かを創り出せたら、今以上に幸せな気持ちになる事は間違いないです。もっと言えば、復習が楽になるために、予習して、イベントにそもそも課せられてる意味合いを理解する。それが探究心だと思います。

一つ一つの事柄を自分なりでもいいから、前向きに。
考えて、前を向いて。後悔すれば後ろを振り向いて。

それ普通にできる素敵な会社人でありたいと自分なりに願います。

ではでわ。



PS.明日はダムに行かないと。
GWで感じた諸々を1人考えないと、鬱星人になりそうっす。ダム周辺の自然に癒されないと、素敵な会社人にはなれそうにない現実が多々ありそうです。

シノザキ奮闘記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス