奮闘818日目〜働く女性について思うこと | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも、広告資材部『意識の上では管理職』福永です。実際の立場上もそうなんですけど、立場がどうこうでは無く、結局意識してるかどうかで、役職が意味を成すと思うんす。正直、意識の欠如が甚だしい役員さんはいらないです。

さて、春です。
4月が終わりつつあり、明日からGWで関東地方は好天に恵まれるとのことで、ワクワクでウキウキです。

ワクワクといえば、新社会人。社会で働くようになり、初給料を貰った人が多いと思います。その使い方は各々のそれぞれだけど、少しでもいいので感謝したい誰かに使って欲しいって思います。初任給を何に使うか、初任給だから誰に使うか。初めて貰う会社からの給与明細とにらめっこして欲しいです。


今回は少し、真面目な話。

昭和47年にいわゆる男女雇用機会均等法が成立しました。法律上は昭和47年だけど、割と何度も改正されて、近年では平成29年にも制定が更新されてます。採用担当する人は、きっと求人募集で使えない言葉とかに出会う機会もあるので、この話が身近かもしれないです。

その辺りについて、考えました。

結果。

女子社員って男性社員に比べて、金銭面で優遇されてなくて、不利益だなーって思い至りました。確かに、働く現場では、責任を課されるのは男性社員で、女子社員にはそれほど強く責任を課さないし、将来的な結婚・出産を考えると社歴の上でも、女性にかかる企業体としての期待って少ないと思います。でも、一生懸命働いてる姿を見ると、働きたいけど働けない基盤がそもそもあって、もっとやりやすい環境を上司達は考えないといけないんだなーって感じます。

誰しもが優秀な人材は欲しいわけで、
かつ、そうした人材は手放したくない。

そんな時に女性だから賃金が少ないって常識にとらわれるのは、少し違うなーって感じます。

今後一時的に増えるだろう外国人労働者についても、そうなんすけど。

GW前にウキウキした感じなのに、思うことは今後の会社や部署運営。なんだかもう、真面目な自分が嫌いになります。

シノザキ奮闘記さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。