奮闘808日目〜考えることが真面目すぎる | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『濃いめの九州人』福永です。健康診断がある度に、吹き出てくる自分の血液の勢いと、クリムゾンレッドの深い赤色に、自分のルーツを想います。

さて、3月は別れの季節。今過ごしてる地域を離れ、次の場所に移る人も多いと思います。私も去ること18年前。生まれ育った地元を離れ、新しい土地に向かいました。新生活は何かと不安で仕方なかったけど、今思えば、あの時のワクワク感ほど希望に満たされた感情はありません。初めての一人暮らしをする為に渡されたアパートの鍵は、なんとなく、何処へでも繋がるどこでもドアな気がしてました。

その時から今日まで。

別に何があったわけでもないけど、3月になると、なんとなくですが自分を振り返ります。

初心のワクワクを忘れてないか?
自分勝手に自分の事を考えられているか?
後悔はしてないか?
今が楽しいか?
人の目を気にしてないか?
なんとなくで生きてないか?
家族を大事に思ってるのか?
アパートの鍵は今もまだ希望溢れるどこでもドアか?


色々考えて、結局答えは自分だけしか分からないので、他人にも相談できず、自問自答を繰り返すばかりです。ただ、解かり易く明確なのは、少しづつあの頃と比べたら、出来ることや始めることについて億劫になってきてる事です。

そんな事。

悩めるうちはまだまだ、大丈夫だと思えます。


でも、考え出したらキリが無いって諦めてしまうと、どこでもドアの煌めきの素晴らしさすら理解出来ないしょーもない人間になってしまうかも知れないっす。

自分ルーツは芋がらぼくとの焼酎大好き宮崎人。生活の拠点はたまたま宇都宮で、いつでもそのうち、ここから離れて自由にどこでも離れて暮らせる。
楽観的に単純に。
自由にそんな無責任に、
考えてはいけない責務に。

仕事中の運転中も、昇降盤でcut中の板割り中も、
考えなくても良い時間に、無責任に自分の将来を考えてしまう3月です。

悩みは深い。

ではでわ。



シノザキ奮闘記さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス