奮闘801日目〜ジャパンショップ2018① | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『展示会は割と好き』福永です。
好きと嫌いは二律背反なので、確実に嫌いなタイプな展示会もあったりします。アンビバレンスって感覚です。

さて、先日。
2018JAPAN SHOPを観てきました。色々勉強になったし、行ってる間に広告資材部のみんなに苦労をかけたのでその報告を。

今回は、珍しく目的を持って展示会に参加しました。普段なら、四方八方に張りぐらませてる私の知識欲を満たす為の展示会参加なんですけど、
今回はピンポイントで狙ってる商材が始めからありましたです。なので、成果は秘匿として、それ以外の話を。

2018。JAPAN SHOP。
興味を引いたのは、並べてる自社カタログと実際に出してる商品とのリンク度合いの整合性のあるブースです。カタログ集めに勤しんでる企画商社さんには申し訳ないくらい、注力すべき商材を皆さん苦労して選んで出してるなぁーって思いました。説明員の人のレベルが引くほど高くて、JAPAN SHOPはやっぱ面白いと思えました。当社もこれくらいの熱量で、皆様に接客できれば、先の未来も明るいって思えます。

そんなJAPAN SHOP。

惚れ惚れするほど、説明がわかりやすいと個人的に感じたところを紹介します。

先ずは池上産業(株)
アコヤという、普段聞きなれない木材を販売する団体さんです。私が興味を持ったのは聞きなれないアコヤたる材料ではなく、屋外耐久のあるMDFの素材としてなんですけど。
それにしても。私が放つ面倒くさい質問に対しても説明員の方が答えてくれて、思いのほか素敵な印象でした。調べてみると、アコヤはアセチル基化された強い材料とのこと。ウッドデッキみたいな手入れされない場所には最適かもしれないっす。

そして、(株)ベルク


当社的には昔から馴染みのある会社です。
でもここ5年くらいはカタログ更新しないという販社泣かせの会社でした。2013〜2015っていうバージョンが我が社の最新カタログ本棚にどれだけ残ってる感じかっていう。
そんなベルクさん。ここぞとばかりに、今回のJAPAN SHOPは気合が入ってました。全裸列商品、新商品。
担当営業マンが愚痴ってる、広いブースに色々なコンセプト持った商材が並んでました。そうなったら普通はダメなのに、それでもなお、説明ちゃんと出来てる営業マンさんは凄いと思いました。

やっぱ面白いっす。JAPAN SHOP。

つまらない展示会に付き合いで行くくらいなら、案内も添乗もやるので。是非だと思います。


シノザキ奮闘記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス