奮闘781日目〜雪 | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『小さい頃の冬の観光地の一つとして、雪がありました』福永です。雪を観に行くのがリアルな目的で遠出する宮崎南国ならではの思い出です。

さて、今週の宇都宮。気象庁の予想がくまなく当たり、大雪パニックな1週間でした。雪は簡易的に言えばただの雨の形状がかわっているだけの現象で、上空の寒気と気圧の変化、落ちる地上の温度で雨か雪か想定できます。当たり前に寒いと雪、そうでないと雨になるわけです。現代では、いろいろな機器の発展によって雨か雪かが予測できるようになって、有難いことに事前準備がしっかりできる自然現象になっています。


ところで、雪って漢字。
何故、雨+ヨなんでしょう。調べてみたら面白かったので少し紹介します。

雨はあめです。雨の中の点は水滴を表します。大雨の時は漢字の中の点を4つではなくもっと増やしたい気がしますが、強烈な短期的な雨を表現する言葉で驟雨があります。馬編がついて、早い感じだしなんとなく騒がしい雨の様子が伝わります。

カタカナみたいなヨの字は、箒です。
箒は掃除に欠かせない、万物を掃き清める道具です。
大雪の朝に皆んなで箒片手に雪かきをして、外出れないついでに身の回りを綺麗にする。また、落ちてくる普段より少し大きな水の塊が大気を綺麗にしてくれる、そんな箒のイメージです。なかなか、合ってる気がします。

考えてみたら、この大雪降った今週はやたらと掃除してましたしね。


降られてみると面倒だけど、降り終わって通常業務に戻ってみたらいろいろと思い出と息抜きになった1週間だったように思います。今週は早起きだったので1日が長い気がして得した感じもするし。

寒い冬ももうすぐ終わり、来週には節分迎える2月が待ってます。今のうちにこの寒さ極まる晩冬を楽しみたいって思います。


でわでわ。

シノザキ奮闘記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス