奮闘773日目〜せんたー | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『嫌いなタイプの日刊紙は日経新聞』福永です。専門用語使い過ぎ、漢字使い過ぎ、平仮名多用しなさ過ぎで情報ばっかで読み物としては下品です。

さて、冬将軍が今の日本列島を席巻しています。北陸を中心に雪深くなってる地域の皆さん。毎日大変だろうけど、細心の注意で怪我なくこの冬を乗り切って欲しいです。特に高齢者の方々は、無理なさらさず、頼める人に頼める事は任せてください。雪おろしは若手の仕事なんすから。


急にEnglishの話をすれば。

英語圏では、雪が降る事をsnowfall と表現します。和訳では雪が落ちるが直訳です。日本語の降ると、英語の落ちる=fallはなんとなく違う気がします。枯葉が落ちるように英語圏では雪の降る様を表現するわけです。

情緒が無いと言ってしまえばそれまでなんすけど、雪は降るものであって、落ちるものではないって日本人が多いんじゃないかとおもいます。降ると落ちるがどう違うかなんて考えたことないけど。

日本語の降るは、自分ではどうしようようも無いスッゲー高い場所から降ってきた印象です。

落ちるは、もうそろそろ落ちそう、手を伸ばせば落ちそうだけど掴めそうって感じです。

じゃあ、今回の雪はどうでしょう。想定できれば落ちるの方の雪でしょうか?

考え方如何によるけど、異常と楽に言葉にする専門家を信用してはいけないです。掴める希望は掴みたいし、降ってきた希望は受け止めたいです。

明日、センター試験を受けるピチピチ緊張した若者たち。頑張れっす。
明日で人生が変わるわけではないけど、頑張り時の一つです。センター試験は問題簡単だから緊張しなくてもいいんだよー。

降りうる幸運をしっかり掴まえて、落ちないように無難に明日を過ごしましょう。

ではでは。





シノザキ奮闘記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス