奮闘764日目〜火の用心 | シノザキ奮闘記のブログ

シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『実家は宮崎、現在宇都宮市民』福永です。栃木に住んで16年。知り尽くしてる感が最近あります。

さて、皆さま。乾燥しきった12月が続いていて、今日も埼玉秩父を除く関東全域で乾燥注意報が発表されていました。こういう時に気をつけないといけないのが、火の元の管理です。少しの不注意で大変な事態を巻き起こす火事。

最近、お隣の韓国やすぐ近くの大宮でも、痛ましい火事が起こりました。

国籍関係なく、被害に遭われた方々のご冥福をお祈りします。

ただ、シェルドレイク的にいえば、この連鎖は免れない可能性があります。皆さま、後悔する前にぜひぜひ火の元には用心をしてください。


特に宇都宮は、乾燥しやすい海無し県で過去にも何度か火災による被害が起きています。記録があるのは1773年の宇都宮大火。宇都宮二荒山神社が消失し、1800戸を超える住宅が失われました。また、それ以外でも1600年代に火災が起こり、我が社が位置する日野町一帯も被害にあったみたいです。二荒山神社の菊水祭はこの辺りの火事の被害者鎮魂がルーツだと昔読んだ資料に書いてあった気がします。

なんにせよ、火災が生む不幸は自分だけではなく、それ以上の地域の人や利用者に影響します。だからこそ、この時期に普段以上の用心を心掛けないとダメです。

糸魚川火災が起きた12月22日。その被害と影響を考えながら、吸い終えたタバコの火の元眺めて色んな事を考えます。

でわでわ。


シノザキ奮闘記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス