シノザキ奮闘記のブログ

ちょっとひと息♨
いろんな小話をアップしていきたいと思います(*^_^*)


テーマ:
どうも広告資材部『社内で栃木の魅力を語らせたら5本の指に入る自身があります』福永です。実家の宮崎だったら、県内でも10指入りの勢いで語れます。

さて、どうもこうもなく魅力度ランキングが低い栃木県。宮崎は一昨年の12位から今は下がり気味の19位。まぁ平均以上なのでとりあえず及第点と言ったところです。しかしながら、栃木県。テレビで見る限り、日本全国での位置付けよりも、群馬・茨城の他の北関東地域に勝ってるかに焦点があるようで、40位界隈をウロチョロした挙句、去年は46位、今年は43位と低迷しています。世界遺産の文化豊かな日光を抱え、子供を育てるにはグンバツの自然溢れる山々と鬼怒川上流域の清流、歴史の上では下野薬師寺に始まり、幕府を建てた足利と、関ヶ原前の一大戦議の場になった小山や東照宮。江戸後期には壬生浪士組を生んだ場所でもあるのに・・・。
何で、こんなに魅力度が低迷してるのかイミフです。

I.Qが程よく高い私が分析したところ、思ったことが多々ありました。

魅力度ランキングが決まる要素について。
①他県から見た魅力度
認知度やら情報集積力、都心への利便性、訪問目的や観光目的の脚光の浴びやすさ。
②内部からみた魅力度
愛着度。
自慢できる要素。
観光PR。

①についてはグンバツで栃木はヤバいっす。東京から1時間の立地にありながら、豊かな自然があって歴史的遺構や街並みも残っています。しかも宇都宮都市圏は政令指定都市を除いた日本一の経済規模を誇っています。

だから、魅力度を低めているのは間違いなく②の方です。断言できます。住む人がこの土地に対する愛着を上手く語れないんだろうなーって。だから、県民が栃木県の良いところをもっといっぱい知れば、群馬、茨城なんて相手にならないほどグッと差をつけられるんす。知ってください。我が土地を。

例えば、栃木で生産量日本一はイチゴやニラだけって思ってません?圧倒的なのはモヤシです。地下水が豊かな栃木県が庶民の味方たるモヤシの流通を支えています。この冬は特に野菜高いから、助かってるご家庭も多いと思います。宮崎の母親が言うには、栃木のモヤシはレベルが違うみたいです。こんなに美味しいモヤシは世界中探してもこの値段では買えないって言ってました。

また、県民総生産額の規模。驚くことに世界中の196ある国と比べて、国のGDPと比較して栃木に勝てる国は半数にも満たしません。日本国においては絶賛最下位魅力争いをしてるのに、国別の経済活動では揺るぎない立場を形成しています。



田舎と経済がいい感じにマッチしたこの栃木。これから盛り上げるのは次世代を担う私達と子供達です。口下手な栃木のオジさんやオバさんも40位台って言う魅力度ランキングの負の遺産を残さないために、ガツガツ子供たちに色々ある栃木の良いところ伝えて欲しいって思います。

栃木には素敵なダムもあるんですけど、それはまた別な機会に。

ではでは。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。