福井県鯖江市中央中から1分 幼児・小学生・中学生の学習教室 「神明塾」

福井県鯖江市中央中から1分 幼児・小学生・中学生の学習教室 「神明塾」

福井県鯖江市中央中学校 幼児 小学生 中学生の英語 数学 算数 国語 理科 社会5教科 速読 読書 図形空間 漢検 数検 英検対策 学診 入試 受験対策 藤島 高志 武生高校 高専 合格実績多数 教室 スクール アクティメソッド教材 神明塾 SJキッズ教室

毎年11月の第1週に行われる

福井県の学力診断テストは

福井県内の中学3年生が

同じ日にテストを受けて、

高校の志望校を決定する

最も大事なテストになります。

 

11月に行われるので、実際の

高校入試までには、あと4か月もあり、

基礎学力のある生徒は、

ここでよい成績が上げられなくても

全く挽回可能です。しかし、

中学生は学力診断テストの結果を

心理的に引きずるので、まずはよい点数を取って

よい位置をキープさせたいものです。

 

では、

学力診断テストの国語

分析してみます。

 

2016年から2019年の国語の過去問を見ると

1番が小説文

2番が論説文

3番が古典

4番が漢字

になっています。

 

小説は主人公が何かに打ち込みながら

悩み成長していく話が多く取り上げられています。

同じような年代の子が主人公である場合が多く

特に複雑な心理を表しているわけではないので

気持ちの間接表現や直接表現を

素直に読み解いていけばそれほど

難しくない問題です。

記述に関しては、問いをしっかり読んで

問いの通りに忠実に読み解けば得点できます。

ここで、問いをいい加減に読んでしまうと

抜け落ちる言葉が出てくるので要注意です。

 

論説文に関しては、

いくつかの資料がついていますので

文章の方で分からないときは、

資料をしっかりと読みましょう。

最近は、文章に読みにくい表現が少なくなり

読みやすい言葉で書かれた文章が選ばれて

いるように思いますので、読みながら

言われていることの内容をしっかり

イメージしていく事が大事です。

記述は、対比を考えて表現する問いが

多いようです。この書き方に関しては

自分で書いたものを他の人に読んでもらってください。

何回か書く練習をするとポイントが掴めてきます。

 

また、これからの傾向になると思いますが、

自分の意見を持って表現する力が問われます。

昨年も自分の考えを書く問題がありましたので、

しっかり練習しましょう。

 

神明塾では、「なるべく~~するようにしたい、、」

と書いた生徒が何人かいましたので、

自分の意志を表現するときは、

「なるべく、、」という表現を外すように

注意しました。

 

古典は古文+漢文の時もありましたが

ここ2年は古文だけになっています。

内容としては、笑えるような説話的なものです。

同じ時代に書かれた作品を問われる事が

多いので、時代ごとに主な作品を調べておきましょう。

 

漢字はそれほど難しいものではありませんが、

普段からの練習が必要です。

 

 

国語も数学と同じで何度も文章を読んで

問題を解くことが必須です。

国語の点数が伸びなくて悩んでいるお子様が

多いのですが、結構、手付かずのまま

国語という教科を放置しています。

 

どのように国語を勉強したらよいのか、

なぜ国語ができないのかをお話ししたいと思います。

 

「読解の危機を救う」という保護者向け説明会に

お越しください。↓ ↓ ↓

お申し込みは、↓ ↓ ↓

 

 

 

 

国語はなかなか点数が伸びないとか
どうやって勉強したらよいのか分からないと

悩んでいる子はたくさんいます。


日本語が話せるからといって

学校で習う国語ができる

わけではありませんね。

 

教科としての国語は、会話とは違った

いくつかの勉強をする必要があります。

 

高校受験の国語を意識した中学生の場合は

力づくでも「解き方のテクニック」を

マスターして乗り切るしかありません。

 

小学生の場合は、「解き方のテクニック」を

学ぶことよりも、言葉、語彙力を増やして

言葉からイメージできるものを

増やしていく必要があります。

 

もっと簡単に言えば、文字に慣れて

読むこと書くことに対するアレルギーを持たない、

言葉を受け入れて、すっと使えるようにしておくことです。

 

簡単なようで意外と難しく

当塾でも結構、書くこと嫌い、

読むこと嫌いな子をたくさん見てきました。

 

そうならないために

文字とお友達になるまで文字、言葉に

親しむ教材をたくさん取り入れています。

 

 

その一つが部首カルタです。

 

遊びの中から、まずは文字や言葉を

体にしみ込ませていくと子どもたちは

食いつきがよくなります。

 

また、ご家庭でも取り組んでほしいことがあります。

 

「読解の危機を救うための具体策」の

保護者説明会では、日々意識しながら、

家庭学習においてもできることを

お話いたします。 ↓ ↓ ↓

日々のほんの少しの取り組み方の違いで、

ずいぶん変わってくることと思います。

お問合せ、ホームページは

    ↓ ↓ ↓

 

 

「どうしたら国語ができるようになるのかしら、、」

 

「国語が大事だってわかっているけれど、

 どうやって勉強させたらいいの?」

 

「国語はやってもやらなくても点数が

 変わらないんだけど…」

 

とお悩みの保護者様のご質問に答えて

 

小中学生向け保護者説明会

読解の危機を救う

国語力をつけるための5つの具体策

11月8日(日)15時~

 

開催いたします。

 

国語力のアップにつながる

「読解法」の5つの具体策

お話を致します。

 

 

以前から国語は教えていましたが、

最近、5つの具体策をより深く知ることで

子どもに対する言葉かけが変わりました。

 

すると、子どもたちの成績も変わり始めました。

↓のように成績がアップしています。

 

15番→1番  2番→1番

23番→13番 45番→13番

97番→17番 104番→19番

 

まだ全員ではありませんし、

上がったり下がったりする子もいます。

ですが、アップダウンしながらも

全体的に国語力につながる

成長が見られます。

 

対策は小学校から行うのがより効果的です。

それは長く時間をかけるからです。

当たり前のことですが、

時間をかければ蓄積が増えます。

 

広く深く語彙を増やしながら、

国語の基礎を培うことが一番です。

 

そうはいっても、中学生になっているので

短期的にすぐに国語の力をアップさせたい方は

「解き方のルール」を知るべきです。

 

小中学生の保護者様が対象ですので、

高校入試なんてまだまだ先と感じている

小学生のお子さんをお持ちの方も

是非お越しになってくださいね。

 

お問合せ、ホームページは

    ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

社会の歴史の中で

覚えにくいものの一つとして

中国の王朝・政権の流れがある。

 

今回、それを「もしもしかめよ~」の節で

替え歌にして覚えることにした。

歌にして口ずさんだ方が長期記憶に残りやすい。

 

ちょうど、神明塾にバイオリンを

習っている生徒さんがいたので、

伴奏を頼んだところ快く引き受けてくれた。

 

覚えたいと思っている人は是非

いっしょに歌ってみてください。

 

中3社会 

学診対策学習実施中

毎週土曜日20:00~21:00

毎週土曜日20:00~22:00(月1回)

 

お問合せ、ホームページは

    ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

明治以降の歴史は中学生にとっては覚えにくい。

夏休みの面白歴史講座では、

原因と結果の因果関係を深堀して

歴史の楽しさを物語感覚で勉強できた。

 

 

興味深かったのは、

日露戦争での日本海海戦の話…

 

バルト海を出航したロシアのバルチック

艦隊の一部はスエズ運河を通れず、

アフリカの喜望峰回ることで、

半年にわたる長距離移動になった。

船旅が長くなれば当然、体調を崩す

乗組員が増えてくる。

 

日本側は、バルチック艦隊が立ち寄る港で

病人の数、食べ物や水、燃料の積み荷量を

調べることで、バルチック艦隊がこれから

どのような動きをするのかを予想した。

 

植民地支配によって日の沈まない国と

言われたイギリスと日英同盟を組んでいた

日本は、イギリスから情報収集の仕方を

学んでいたのではないかと言われている。

 

007というイギリスのスパイ映画があるが、

情報収集という点ではイギリスの力は

世界の中でも抜きんでていた。

 

さて、イギリスは日英同盟により

戦いが日本に有利になるように

計らってくれた。

 

アジアに多くの植民地をもつイギリスは

ロシア船にアジアの港で長く停泊させないようにした。

 

おもしろかったのは、停泊期間が短いと

船にこびりついたフジツボや海藻を落とすなど

船の整備が十分にできないことだ。

 

完全な整備ができないと船のスピードが

遅くなってしまい、決戦には不利としまう。

 

生徒たちはそんな歴史の裏の裏のような話を

とても面白く聞き入った。

 

日本海海戦では、

東郷平八郎が率いる奇抜な作戦もあったけれど、

日本側がロシアと戦うにあたっては、

情報戦を制していた。
 

 

そして、話の最後に、

アメリカ対ベトナムの戦争の話を例にとりながら

守る立場の戦いと責める立場の戦いは

どちらに分があるか!と言えば、

 

攻める国よりも国を守る戦いの方が

団結する気持ちが強くなり、

守る戦いの方に分がある場合が多くなる。

だから、決して

他国に攻め入るような戦いをしてはいけないこと。

 

日本は、地下資源がなく、

今や食料自給率も30%!

 

そんな国が絶対、戦争をしてはいけないという話に

最後には、生徒たちも前のめりになって聞き入った。

 

歴史学習で大切なことは、なぜそうなったかという

因果関係をしること。

 

【中3 生徒の感想】

 

東郷平八郎連合艦隊長官の

人の前に立つには、まずやって見せ、

自分が出来るようにならなければいけない、

という話が印象に残っています。

歴史のポイントをつかむ話はたくさんありましたが、

人としての生き方、考え方のお話も聞くことができ、

とてもためになる授業でした。(Kさん)

 

 

今までほとんど面白くないと思っていた

社会がいろんな知識も交えて面白く勉強できたことで

もっともっと奥深いところまで興味がわいてきました。

ただただ、教科書通りに勉強するのではなくて、

この人は昔の活躍で、今もこんな伝説があるという話や

面白ネタも交じっていて、また一緒に勉強したいな

と思いました。(Bさん)

 

中3社会 

学診対策学習実施中

毎週土曜日20:00~21:00

毎週土曜日20:00~22:00(月1回)

 

お問合せ、ホームページは

    ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

夏期講座

【おもしろ歴史開講のわけ】

 

 

最近の子どもたちはどちらかと言えば

歴史の苦手な子が多い。

 

保護者の方々が口をそろえて言うには、

覚えるだけでしょ、、なんで覚えられないの!

 

と毎年言われることである。

 

子どもたちにしてみれば、

歴史の教科書は、聞きなれない

漢字のオンパレードで国語より難しい!

今では聞きなれない人物の名前や

出来事が漢字で並ぶ。なかなか、

馴染むことができないのだろう。

 

聞きなれない上に、

子どもたちの暗記力も低下している。

 

現代の生活において、

物事を覚えていなければ

生活に行き詰まる場面がほとんどない。

スマホで調べれば日常生活に

必要な情報がさっと出てくる。

だから、暗記脳を使う必要がない。

家の電話番号ですら覚えなくても

困る事がない。

 

なので、子どもたちの記憶力は10年前に

比べると低下が著しい。

 

歴史が苦手になるのは、

自然な流れなのかもしれない。

 

 

それを打開して、歴史の点数をアップさせるには、

まず、歴史に興味を持ってもらうしかない!と考え、

 

歴史においては、いろんな角度から

話ができる吉村先生、学校を

退職された先生をお招きした。

こちらの予想通りに生徒たちを

歴史の世界に引き込んでくれた。

 

生徒たちの姿勢もだんだん

前のめりになって話に聞きいった。

 

【中3 生徒の感想】

 

先生が面白く歴史を教えてくださったおかげで、

とても楽しかったし、歴史が好きになり、

もっと知りたいと思いました。

歴史の年代などを語呂合わせで覚えるのが

難しかったけれど、日本の時代名だけでなく、

今までの中国の時代名もしっかり覚えることが

出来ました。(SYさん)

 

この社会の授業のおかげで、少し歴史に

興味を持つことができました。

語呂合わせの年号のおかげで、

今まで覚えるのに苦労していた年号が

覚えやすくなりました。特に

「平安、鎌倉、屁、かます~」が印象に

残りました。

少しの間だったけれど、歴史に興味を

持ててよかったです。(SKさん)

 

世の中には何気ない出来事を

興味深く面白い話に変えて

伝えることのできる人がいる。

 

社会科の吉村先生はそんな人だ。

特に、歴史秘話や人物のエピソードは

聞いていてわくわくする。

そして、ただ面白いだけではなく

歴史の専門知識は奥深い。

 

校長先生を終えて、

社会を教える表舞台から

居なくなるのは、本当に

寂しく勿体ないことだ。

 

 

 

ということで、

今回、夏期講座に吉村先生の

社会の特別授業を組み込むことにした。

神明塾に教えに来て頂けるように

ひたすらにひたすらに

お願いをしたところ、

快く引き受けてくださった。

 

生徒たちもどんな先生が

いらっしゃるのかと楽しみだった。

 

 

【中3 生徒の感想】

 

今まで社会科は、暗記科目だと

思っていましたが、吉村先生の

授業で歴史はつながりで覚える方が

よいことがよく分かりました。

流れで覚えると歴史の面白さが

よくわかってきました。

これからは受験に向けて、

流れをつかんで勉強していくと

決めました。また授業をお願いします。

 

 

吉村先生の授業は、凄く面白くて、

歴史が苦手だった私でも、歴史に

興味を持つきっかけとなりました。

覚えるのが難しかった年号や

中国の王朝、日本の時代も、

語呂合わせで覚えることが出来ました。

学校の授業では、歴史の流れが

つかみにくかったけれど、より深く

知ることで、一連の流れがつながって、

とても分かりやすかったです。

先生の授業をきっかけに歴史の

受験勉強を始めてみようと思います。

生徒たち全員の感想が、面白い、

また話を聞きたい、というものでした。

 

授業が面白いと思う事から、

自ら勉強を始めるきっかけに

変わっていくという事を体感した

一日でした。

子どもたちの夏休み中に3日間講座として

子どものプログラミング講座

~プログラミングってなに?を体験してみよう~

を行いました。

 

3日目の様子をご紹介します。

 

今回は世界的に有名なCode.orgの内容を使っての学習です。

※Code.orgはAmazon, Facebook, Googleなど一流企業と協力して

「誰でもパソコンに触れて勉強できる機会を与えよう」という活動をしている米国の団体です。

 

 

3日目、いよいよ今日は

パソコンを使ってのプログラミングです。

 

きのうの分が出来なかった人は続きから、

最後には何を学んだかまとめる意味で、

みんなで話をしながら答えを考えたり。

 

 

それぞれが黙々と進めていきますが、

あちこちから

「間違ったー!」

「どうやってやるのー!?」などと

叫び声も聞けるにぎやかな雰囲気でした!

 

 

途中では、手を使ったダンスを通して

【ループ】(くりかえし)の考え方を学びました。

 

ダンスを通して、

「手をたたく」「手をたたく」「手をたたく」ではなく、

「手をたたく」を3回繰り返す

にするループという考え方を学びました。

 

【プログラミング】や【アルゴリズム】の中で、

より短い手順、最短ルートで【正解】になることができれば、

シンプルでわかりやすくなり、効率的です。

 

 

その後、パソコンに戻りプログラミングを再開すると、

いままでは「前にすすむ」「右にまがる」「前にすすむ」「右にまがる」と

何度も同じブロックをつなげていったのに、

 

「ループ(くりかえし)でつなげればいいじゃん!」と気付くことができ、

自分なりの改良、

試行錯誤をしていく姿が見られました。

 

 

プログラミングでは答えは1つではなく、

子どもたちが自分なりの改良や試行錯誤

より良い答えとなる【アルゴリズム】を組み立てることができます。

その試行錯誤のときが一番の学習だと、子どもたちの悩む姿を見て思いました。

 

最後には「楽しかった」とキラキラした顔で答えてくれた姿が印象的でした。

講座の間、「家に帰ってから楽しかったと言っている」とのお話を

保護者様から頂きました。

子どもたちにとって、少しでも充実した3日間だったことでしょう。

 

 

<子どもたちの感想>

(小4 女の子)

くりかえす記号があって便利だと思いました。

3日間でアルゴリズムやプログラミングなどの意味が分かってよかったです。

またやりたいと思いました。

三角形を書くのに何度が分かっていなかったので、そこを考えるのが難しかったです。

 

(小4 男の子)

今日のプログラミングはとても楽しかったです。

わけはプログラミングで絵を描くのが楽しかった。

 

(小5 男の子)

今日いっぱいパソコンができてうれしかったです。今日いつもより早く来てよかったです。

またプログラミングの教室ができたら入ろうかなと思います。

この3日間楽しかったです。

 

(小5 女の子)

3日間の短い期間だったけれど、プログラミングのことが分かったし、楽しかったです。

またプログラミングをする機会があったらぜひ参加したいなと思います。

 

(小6 男の子)

今日は繰り返すという言葉が大事だとわかりました。

コンパクトにするのが楽だと分かりました。

1つ1つでもいいけど、小さくコンパクトにすることが大事だと3日間で分かりました。

よくわかりました。

--------------------------------------------

 

今回は3日間の短い講座でしたが、

プログラミングとは何か?プログラミング的思考とは?

を楽しく自然と学べる内容になっていたと思います。

 

 

今回の子どものプログラミング3日間講座の様子:

1日目

2日目

・3日目(最終日)

 

※今回の講座内で使用しているCode.orgの資料はSJキッズ教室で独自に日本語訳をしています。

 

 

 

小学校で必修化となり、習い事として話題のプログラミングですが、

わたしたしSJキッズ教室ではプログラミングにこだわらず、

「プログラミング的思考」を学べる内容で

不定期に開催していこうと思っています。

 

このブログやホームページでお知らせしますので、

まだご覧ください。

 

--------------------------------------------

 

福井県鯖江市にある年長~小学生向けSJキッズ教室では、

不定期で開催を予定しているプログラミング教室を含め、

通年の

・タイピングで学ぶアクティメソッド子ども英語コース

・空間把握能力、空間認識力を養う数感図形パズル(算数コース)

・こくご力アップ!本読み・作文・こくご読解コース

があります。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

 

 

 

子どもたちの夏休み中に3日間講座として

子どものプログラミング講座

~プログラミングってなに?を体験してみよう~

を行いました。

 

2日目の様子をご紹介します。

 

今回は世界的に有名なCode.orgの内容を使っての学習です。

※Code.orgはAmazon, Facebook, Googleなど一流企業と協力して

「誰でもパソコンに触れて勉強できる機会を与えよう」という活動をしている米国の団体です。

 

 

2日目はパソコンを使ってプログラミング!と言いたいところですが、

まずは頭の準備運動として、紙飛行機づくりからです。

 

 

1日目に続き、プログラミングなのに

のりとハサミを使っての学習からスタートしました!

 

 

飛行機をはじめとした折り紙の折り方は、

「アルゴリズム」に似ています。

 

子どもたちはバラバラになっている飛行機の折り方を

順番通りに並べてのりで貼り、

となりの人と交換して、飛行機がきちんと折れるかやってみました。

 

ここで学ぶのは、

・正しい手順を選ぶ

・順番に並べる

・自分が考えた順番を人に試してもらう

ということです。

 

全員が無事、紙飛行機を折って飛ばせました!

 

 

でも、みんな上手く飛ばないので

「なんでかな~」「こうしたらいいんじゃない?」

「教えてー」と試行錯誤し、教え合うと長く飛ばせるように!

 

正解した答えでも、

子どもたちが自分から「こうした方がもっと良くなる」

改良する姿にプログラミング的思考の大切さを感じました。

 

飛行機を飛ばすウォーミングアップをしたら、

お待ちかねのパソコンを使っての授業です。

 

1日目のグラフ用紙のプログラミングと似たような感じで、

ブタちゃんを捕まえるために、赤い鳥を1マスずつ動かしていきます。

 

 

子どもたちは「次やってもいい!?」と聞いて次々と進めていき、

「もう今日は終わりだよ~」と言っても

「あともう少し!」と夢中でやっていました。

 

 

<子どもたちの感想>

(小4 男の子)

鳥を動かすプログラミングが楽しかったです。

間違って障害物に当たったりしてしまいました。

 

(小6 男の子)

今日は実際にパソコンを動かして1つ1つ入力するのが難しかったです。

紙飛行機も1つ間違えたらできないから1つ1つが大事だと思いました。

 

(小4 女の子)

パソコンでだんだんレベルが上がってくると少し難しかったけど、8番までできたので

よかったです。

もう少し細かいのもやってみたいです。

 

(小5 男の子)

今日パソコンを使えたので楽しかったです。

あのゲームみたいなものは知っているのですが、全然違いました。

明日パソコンがメッチャ使えるので楽しみに来ます。

 

(小5 女の子)

間違えずにおくのは難しかったです。プログラミング楽しかったです。

でももっと難しいものも挑戦してみたいです。

--------------------------------------------

 

3日目はもっと長い時間パソコンを使ってするよと伝えると、

うれしそうにしていたので、

子どもたちにとってはとても楽しい授業だったようです!

 

 

>>3日目(最終日)の様子

 

<<1日目の様子

 

※今回の講座内で使用しているCode.orgの資料はSJキッズ教室で独自に日本語訳をしています。

 

--------------------------------------------

 

福井県鯖江市にある年長~小学生向けSJキッズ教室では、

不定期で開催を予定しているプログラミング教室を含め、

通年の

・タイピングで学ぶアクティメソッド子ども英語コース

・空間把握能力、空間認識力を養う数感図形パズル(算数コース)

・こくご力アップ!本読み・作文・こくご読解コース

があります。

 

詳しくはホームページをご覧ください。

 

 

子どもたちの夏休み中に3日間講座として

子どものプログラミング講座

~プログラミングってなに?を体験してみよう~

を行いました。

 

その1日目の様子をご紹介します。

 

今回は世界的に有名なCode.orgの内容を使っての学習です。

※Code.orgはAmazon, Facebook, Googleなど一流企業と協力して

「誰でもパソコンに触れて勉強できる機会を与えよう」という活動をしている米国の団体です。

 

子どもたちもみんなプログラミングは初めてということで

ちょっと緊張した様子からのスタートでした・・・が、

今回のSJキッズ教室3日間コースの第1日目はなんと!

プログラミング講座なのにパソコンを使わない日

(もちろんロボットも使いません。)

 

 

紙と鉛筆を使ってのプログラミング・・・というと、

「何それ!?」と驚きだと思いますが、

これが「プログラミング的思考」を理解し、練習する

とても良い方法なんです。

 

写真だけを見ても何をしているか分かりにくいですが、

子どもたちが【アルゴリズム】を作成しているところです。

 

4X4マスの中に塗りつぶしたマスがある図が【問題】です。

 

【問題】の図を描くためには、

真っ白の4X4マスのグラフ用紙の左上のマスから

どのように動いて塗りつぶしていけばいいか

記号(←→↑↓など)を使って表していきます。

その記号で表すことが【アルゴリズム】です。

 

わたしたちSJキッズ教室が

この3日間講座で子どもたちに学んでほしいことは、

いわゆる「プログラミング的思考」です。

 

・物事をよく見て、考える

・どうしたらいいか具体的に考える

・順序だてて組み立てる

・自分なりに試行錯誤する

 

パソコンの前に座る前の頭の準備体操として

このグラフ用紙を作成する「プログラミング」は大変効果的です。

 

 

最初は戸惑っていた子どもたちも、

1日目が終わるころには【問題】から【アルゴリズム】を作ったり、

反対に【アルゴリズム】から【問題】を考えたりと

応用できるくらいになりました。

 

 

<子どもたちの感想>

(小4 女の子)

矢印をつかって説明して図が書けるのが面白かったです。

アルゴリズムを使ってプログラムできるので、アルゴリズムはとても大切だと思いました。

 

(小5 男の子)

俺のスイッチ(ゲーム機)はそういう風に動いていてびっくりしました。

パソコンが使えたらめっちゃ楽しいと思います。

 

(小6 男の子)

プログラミングは世界にいろいろ使われているとわかりました。

最初は分からなかったけど、今日でプログラミングの意味がわかりました。

 

(小5 女の子)

今日のプログラミングは難しいことをするのかなと思ったのですが、楽しく学べました。

次も楽しくプログラミングを学べたらいいなと思います。

 

(小4 男の子)

簡単だったので、面白かった。

--------------------------------------------

 

 

2日目にはいよいよパソコンを使っての内容です!

 

2日目の様子>>

 

 

※今回の講座内で使用しているCode.orgの資料はSJキッズ教室で独自に日本語訳をしています。

 

--------------------------------------------

 

福井県鯖江市にある年長~小学生向けSJキッズ教室では、

不定期で開催を予定しているプログラミング教室を含め、

通年の

・タイピングで学ぶアクティメソッド子ども英語コース

・空間把握能力、空間認識力を養う数感図形パズル(算数コース)

・こくご力アップ!本読み・作文・こくご読解コース

があります。

 

詳しくはホームページをご覧ください。