明けましておめでとうございます。

 

お正月の三が日は寒いものの、穏やかな日が続いておりましたが、

今もしんしんと冷え込んで来ているのがわかるぐらい明日からの寒波が恐ろしい・・・

 

このお休みの間、やはり夜更かしと食べ過ぎ?(動かないわりに食べてしまいますよね。)

で、何となく調子が悪くも無いけど良くもない。

そして、目の使い過ぎですね。溜まってた録画を一気に見たりして。

明日からの寒波で冷えると、「寝違え」「ギックリ腰」を起こしやすくなります。

気を付けてくださいね。

 

去年も「はたらく細胞」の放送を真夜中にしてました。(再放送も)

免疫のシステムがよくわかります。

インフルエンザに感染したら、人体ではどのように防御していくのか?

怪我をして、皮膚を損傷したら、どのように免疫が働くのか?など

「人は血管とともに老いる」と言われていますが、地球2周半もある血管を1分(60秒)で

駆け抜ける血流はすごいですよね。この血管の中の血球や血漿成分が元気でないと

免疫が正常に働かないんですね。

 

「はたらく細胞」

1月10日日曜日夜中のAM2時38分から 

MBS毎日放送で放送開始です。

その続きの「はたらく細胞BLACK」も見て下さいね。

 

またまた、「東洋医学ホントのチカラ」も去年に続き第3弾放送です。

私は幼少期より、漢方薬や鍼灸で小児喘息の治療をしてもらって元気になりましたから、

考え方も自然と東洋医学の考え方になっているようで、友人に理解されない事があります。

それが、普通なんでしょうが・・・

西洋薬ももちろん使ったことはありますが、そのクスリで症状は抑えられるけど、身体の真から元気がみなぎる感覚は無いんですね。

逆に東洋医学では症状は軽くなりますが、状態にもよりますが、1回で完全に症状が無くなることはないけれど、我慢できない程度にはなるけど、自分が昨日より今日、今日より明日が

気力・体力が回復するのが本当にわかります。

科学的でないと非難を浴び続けている東洋医学ですが、欧米での研究・臨床効果がどんどん日本に押し寄せています。もちろん、中国・韓国は自分のところが本家本元と主張し、研究・論文の数も凄まじいです。

日本は・・・?科学立国が25年前の話になっていますし、鍼灸は置き去り状態に近いです。

そんな中で、「東洋医学ホントのチカラ」は結構反響があるのだと思います。

 

「東洋医学ホントのチカラ」

1月13日水曜日 NHK総合 午後7時30分から

 

今すぐ録画してくださいね。

今年も元気に笑って過ごしましょうね‼