先日の休みの日、ふと窓に目をやると、ヒヨドリが2羽電線にとまっていました。

痩せた親鳥が、まだあどけないひなに、熟れた柿の、ちぎったものをあげていました。

2cm角ほどの柿は、ひなには大きく、くちばしにくわえたまま、上を向き、横を向き、

おいしそうというより、必死にのどを動かしていました。

落としそうになると、親が拾い上げ、またあげるという風でした。

そこに、もう一羽やってきました。ひなでした。

そいつは柿をもらうと、それは不器用に柿を扱い、

ほら、落とすから。よこしなさい、といわんばかりの親鳥をさえぎり、

食べれるもん、とでもいうように、柿を決して渡さず、でも飲み込めず、

というやりとりを繰り返し、結局落とし、

3羽でまた柿のありかへ飛んでいきました。

その間、動いてしまうと、びっくりして、せっかくのこのおもしろいいやりとりを

見逃してしまうと思い、私は気づいたままの、へんな姿勢のまま見続けていました。

やっぱり、兄弟か姉妹か、野生の鳥でも性格さまざまなんだな、と、

編集された動物番組でも見たかのような、楽しい気持ちになりました。

 

ただの、鳥好きの、語るほどでもない(素敵な)日常の1ページでした。ラブキラキラキラキラ

 

 

では、涼しくなり、秋の花々入荷しましたので、ご紹介。

鳥の話が長くなりすぎました。爆  笑コーヒー

 

 

 

洋菊(セザンヌ)。

かんさしのよう、という声もあるほど、お洒落な雰囲気の菊です。

 

 

ベルギーマム。

大きくてまぁるいフォルム。

 

 

クジャクアスター。

白とピンクと紫。秋らしいです。

 

 

紅葉千日紅。

紅葉のような、赤い葉っぱの隙間から、白いまるい花が愛嬌たっぷり。

 

ふじばかま。

こんなに種類あるんですね。宮中の女性達は、昔、ふじばかまの葉を乾燥させて、

におい袋をこしらえたそうです。乾くと、なんとも品のある香り。

 

 

コウシュンカズラ。

つる性で、素朴な花が素敵です。

 

 

ニオイザクラ。

花芽いっぱいあります。このふっくらとしたつぼみが開くと、甘い香り。

 

 

コスモス。

秋といったら、やっぱりコレ。

 

 

 

かぼちゃのランタンづくりはいかがですか。

刃物の扱いに自信のない方、かぼちゃ大お買い上げで、代わりにランタン作り致します。

くり抜くと生ものにつき傷みやすいので、火を灯す当日に穴開けをお勧めします。

キャンドル2こ付き。

 

火を灯すとこんな雰囲気。ゆらゆら揺れる炎って、見ているだけで、気持ちがやわらぎます。

 

 

 

 

開店祝いにはフラワースタンドが人気です。

 

 

お名前札お付けします。

 

 

ハロウィンは、毎年かぼちゃのランタン灯して、丁寧に淹れた珈琲静かに飲んでます。オカメインコまじかるクラウン

 

 

伸共花店

千葉県習志野市大久保3-11-16

047-407-0551

10時~19時

日曜定休