冬のひいらぎ 秋のかえで*shinkuのレシピ&ライフ -2ページ目

冬のひいらぎ 秋のかえで*shinkuのレシピ&ライフ

*誰でも作れる簡単うちごはんレシピと子育てと趣味*

先日、京都の大丸で開催されていた、『ベニシアさんの四季の庭』展に行ってきた。

 

 

『猫のしっぽ カエルの手』、Eテレで日曜18時から放送されているね。

しゅうを妊娠している頃くらいかなあ、母に教えてもらって見始めた。

もう10年以上、見ている。

DVDも持っているし、エッセイも図書館で借りたり、再放送もたくさんされているから、録画もして、全ストーリーほぼ内容も、出演された人も、土地も、憶えている。

テーマ曲のひとつ、川上ミネさんの『道』も、数年前に楽譜購入して弾いてる♪

 

ベニシアさんの庭道具、スケッチ、おうちの見取り図、写真などの展示。

ナレーションをしている山崎樹範さんが、ベニシアさんのおうちを初めて訪問した、その様子がモニターで流れていて、見られるようになっていたり。

 

撮影OKのところもあった。

ベニシアさんのお庭の再現!タイル貼ってたよねー。

見覚えのあるキッチン!

コンロの下には、本当は、オーブンがあるよねー。

ベニシアさん手書きの、タピオカとか肉じゃがとかのレシピがあった。

 

ベニシアさんの英語は、とてもわかりやすくて、そして字がとてもかわいい。

デザイン性があるというのか、ふつうに書いている字がそもそも素敵。

 

上品な奥様方にまざり、ゆったりと展示を見ることができた。

ショップには、これまで登場してきた各地の名産品などが並べられていて、その中に横山さんがいらっしゃった(ベニシアさんのお隣の、超かわいらしい三姉妹のお母さん)。

 

***

 

迷いに迷って、最終日、こちらも行きました。

 

運動会の代休だったちぃを誘って、二人で。

体調が、運動会疲れで(学校行事って、知人に会ったら挨拶して、それなりの世間話をして、子どもの写真撮るために走って、PTAの役やってるので終わった後のテント畳みや用具の片付けして・・・、って、文字通り再起不能になるのだ。しかも連日早朝仕事なので夜中3時起き)やっぱりよろしくなかったんだけど、ちぃがどこか行きたがっていたので、じゃあかぁかの行きたいとこでもいい?と…。

 

そのせいか、初めて電車にのっていて、酔う。

吐き気と戦いながら大丸梅田、15階に到着。

この間は夏目友人帳展で来たねー、開店同時に飛び込んだのにものすごい行列でびっくりしたよねーと話しつつ。

 

笹倉さん展は展示販売会で入場は無料、最終日ということもあってか、人はまばらだった。

とても見やすかった!有難い!!!

 

ああ、やっぱり好きだわ、笹倉さんの絵、色使い…。

いいなぁ、いいなぁ、世界を、こんなふうに描けるなんて、いいなぁ…。

色の使い方が、大好きで。

必ず動物が描かれている優しさが好きで。

 

今回初めて見た、2010年の作品で、『エデルシュタイン村へ』という絵があって。

見た瞬間、うわ、好きだ、これ好きだ。と。

涙滲むくらい強く惹かれた。

ポストカードで見るのではなく、あの大きさで間近で見たからの感動だったと思う。

本当に美しかった…。

笹倉さんのコメントを見ると、ドイツミュンヘンからオーストリアのインスブルックへ向かう街道を走っていたときに見た風景からのイメージで、描いたらしい。

 

ああ、もしかしたら、それは私も見た光景かもしれない。

19歳、2月の真冬に、ドイツからオーストリアへ向かうバスの中から、私も白い雪に覆われた平原や林を、見た。

どこもかしこも雪で、白くて寒くて、綺麗だった…。

 

なつかしい作品、『スターアトラス』もあったり、最近は全然チェックしてなかったから新作もたくさん見られて、嬉しかった。

ちぃも指さして、ふたりでいろいろ感想言い合って、じっくり堪能できた。

『どうしたの?』の、この!ふりかえったこの子がまた…!たまらんね…!とか、『おかえり!』が超かわいいんですけど!音の色違いにしかみえへん!!とかね。

『シーズンズスイート』、どれが好き?私は夏かなー、でも冬もいいよねー。とか。

 

笹倉さんの作品はこちらからどうぞ→★

元町コンフォートギャラリー→★からも最新作見られます。上記の絵、探して見てね。

 

絵を見ているうちに、いつの間にか吐き気はなくなっていた。

なんとか頑張って帰路につく。

疲れたけど、頑張って見に行って、よかったな。

動いた心は、残るもの。