運命の人に出会う確率 | 宝飾品工房 Shinkousha ~クリエイターズボイス ドラクエの冒険の様に生きていく~

宝飾品工房 Shinkousha ~クリエイターズボイス ドラクエの冒険の様に生きていく~

Shinkoushaは、人の心に深い喜びと感動をもたらすため、親子三代百年以上に渡りジュエリーを造り続けている独立宝飾職人の工房です。
Shinkoushaのクリエイターshinkoushaがジュエリーの雑学やジュエリークリエイターの日々の呟きを綴っていきます。

こんばんは!


一か月のご無沙汰です(^O^)/


AKB48の選抜総選挙があったことを今日知ったshinkoushaです(・ω・)(笑)



さて、今日のお題は「運命の人に出会える確率」(・ω・)



じつは、先日とある日本の公共放送でやっていたんですが、どうやら運命の人に出会える確率があるらしいのです( ̄□ ̄;)!!



その方法とは、ドレイクさんという天文学者が「宇宙に地球外生命がどれくらい居るのか?」を調べるために編み出した方程式なのですが、ロンドンの大学院生が恋愛に置き換えてみて論文を書いたというものでした∑ヾ( ̄0 ̄;ノ



さて本題…



ドレイクの方程式は


N = {R}_{*} \times {f}_{p} \times {n}_{e} \times {f}_{l} \times {f}_{i} \times {f}_{c} \times L

N :我々の銀河系に存在する通信可能な地球外文明の数
R* :我々の銀河系で恒星が形成される速さ
fp :惑星系を有する恒星の割合
ne :1 つの恒星系で生命の存在が可能となる範囲にある惑星の平均数
fl :上記の惑星で生命が実際に発生する割合
fi :発生した生命が知的生命体にまで進化する割合
fc :その知的生命体が星間通信を行う割合
L :星間通信を行うような文明の推定存続期間

というもので(ウィキペディアより)



なんだか難しいので(´・ω・`)



彼女となりうる人数=人口×女性比0.51×その女性が自分が住んでいる街に住んでいる確率×自分の好みの年齢層率×自分が好みな女性がいる確率


ってことみたいなんです。


好みのタイプの条件が増えていくとその分の確率をかけていかないといけないんですが、ざっとはこんな感じです。




つまり・・・



たとえばshinkoushaで例えると・・・




日本の人口:1億2000万人


女性であること:0.5


東京の人口:1300万人/1億2000万人=0.108


shinkoushaが恋愛の対象とする年齢層24~34歳:0.20


shinkoushaの好みのタイプの容姿である確率:0.05


バストがA~Dカップである確率(笑):0.80


っとつらつらとshinkoushaの好みをかいてしまいましたが、例えばでとらえて下さいヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ



「私、Fカップだからshinkoushaの彼女になれない!・°・(ノД`)・°・」


なんて悲観しなくても大丈夫ですよ~(^O^)/(笑)



んで、


これをかけていきます。



1億2000万×0.5×0.108×0.20×0.05×0.80=51,840人


つまり・・・51,840÷13000万=0.00398・・・・


shinkoushaが運命の人に出会える確率をパーセンテージに直すと0.398%・・・(ノ◇≦。)



実際出してみたら意外と低!( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚(笑)



まあ、なにが言いたかったかっていうと・・・



いまパートナーのいる方!

そのくらいの確率であなたは隣にいる方と出会ったのです!(`・ω・´)



お互い大事にしてあげて下さいねヾ(@^▽^@)ノ



んで、


ご結婚なさる時には是非shinkoushaで結婚指輪と婚約指輪造って下さいね(°∀°)b (笑)





かざりや日記-新光舎バナー