真解鑑定師 三井年美です。

年が明けてもう5日。
今年もあっというまに過ぎていきそう
です。




去年の11月の話です。


息子は10月に仕事をやめプー太郎。
そんな生活から1ヶ月経った時
夫の仕事が忙しくなり、夫の仕事を
しばらく手伝う事になったのです。
 

バイト1日目の朝・・
玄関先から
「おとん、いこかっ、いってきます」

ハッキリとした元気な声が聞こえて
きました。


その声を聞いた時、ふっと
「あっ、心が元気になったんだ」
と思いました。 

 

息子は心が疲れていたわけでもなく
心が沈んでいたわけでもありません
そんな風には全く見えていなかった
のに何故、私がそんな風に感じたの
かというと


明らかにその朝は、今までの
仕事に行く時と声がちがっていた
からです。

 
この1ヶ月の時間の大切さをその時に
感じました。
 

ふらふらしてるように見えて
何もしてないように見えて
何も考えてないように見えて・・笑
 
 

家でホッとしていた時間が
心を元気にする時間で必要な
休息時間だったんだと思いました。
 
 

確かに考えてみると3年前から
「よく頑張るなっ」と思うほど
仕事をしていました。
超ブラックな会社じゃないかと
心配したこともあったほど。
 


色んな愚痴をいいながらも
頑張って仕事してることに対しては
スゴイと思っていました。


この1ヵ月間は安心の領域だった
のかもしれません。
  

仏教を学びホッとする時間がどれだけ
大切なことかを学びましたがその時間
だったのかもと。
 


私達は落ち込んだり、しんどかったり
心がマイナスに振っている時
このままではいけない、
ポジティブにいこう、プラス思考に
ならないとって思います。
ネガティブな心を無理やり
ポジティブにしよう
頑張らないといけないと自分に
言い聞かせる。


本人もそうですが、周りもついつい
そんな風に言ってしまいがち。



学んでマイナスの心をプラスの
心にしようとしなくていいんだと
知りました。疲れた心をプラスの
心に持っていくのは無理。
 
 

マイナスとプラスの真ん中には
0という位置があります。
0のポイントに心を持っていけば
自然にプラスがみえはじめると
教えてもらいました。
 

心を0に。
仏教はココが大切だよーと言って
います。0の位置を「安心の領域
」といいます。「あんじん」
 
 

安心の領域とは・・
ホッとする時間のこと。
自分が心地いいと感じる時間、
ホッと感じている瞬間を
意識で感じることです。


お風呂に浸かった瞬間、美味しい
ものを食べてる時、好きなテレビ
を見てる時、ペットと遊んでる
時、好きな曲を聴いてる時、
コーヒーを飲んでいる休憩時間
電車のイスに座った瞬間
 

ホッとしている時間は毎日の生活を
刻んでみると沢山あります。
その瞬間を逃さずにしっかり
「あーホッとする」と自分がホッと
していることをちゃんと感じる。
この瞬間私達は安心にいるんです。
 

欠乏感から見る未来は幸せでは
ない。今の感情から逃げるため
の望みになってしまう。
安心から見える望みが本物。
 

ノートを開くとこんな言葉が書いて
ありました。



少し心がしんどいなと思った時は
安心に心を置くことを意識してみて
下さい。必ずホッとした時に沸いて
くるものがあります。それをキャッチ
して下さい。それが本当の心です。


安心の時間を自分で作るのもいい
ですが、日常の中にも沢山あるん
ですよー。探して感じて見て下さい。


あっ。息子は
新年から新しい会社へ行きはじめ
ました。

ホッ。
私、今、安心の領域です 笑