おはようございます。
真解鑑定師 三井年美です。

今年も今日で終わり。
色んな事を体験した一年でした。





この間見たニュースの中で
「コロナになって変わったことは
ありますか?」と町の人にインタ
ビューしていました。

 

飲食店で働いてる20代の男の子は

今まではお客さんが来はじめると
「あー、また忙しくなるなー
しんどいなー、嫌だなー」と思って
いたけどコロナになりお客さんが
全くこなくなってしまって。
 

今までは、お客さんがくるのが
当たり前だと思っていたんです。
 

でも、今はひとりでもふたりでも
来てくれたお客さんに対して
わざわざ来てくれたんだと感謝で
できるようになったんです。
 

と爽やかに答えていました。

  

ある女性は、今までのように実家に
帰れなくなり親や祖母に簡単に会え
くなった。だからこそ頻繁に電話や
メールで連絡をとり絆が深まりま
した。
 

と笑顔で答えられていたのが
印象的でした。

 

その人達の気づきを聞きながら
 

当たり前だと思ってることは
当たり前ではないんだった
 

何度も聞いているのに忘れていた
言葉がふっとでてきました。

コロナで毎日の生活は当たり前
ではないんだと言う事を教えて
もらいました。


目の前の事が当たり前だと思って
いる時は、愚痴や不満がでるし、
怒りもでます ( ̄∇ ̄)
 

「有難う」の反対は「当たり前」
と教えてもらった時ハッとした
のを覚えています。
 

有難しとは「あることがむずかしい」
と書きますもんね。


今を当たり前だと思うと感謝も薄れ
るどころか感謝できなくなる。
怖いことだと思います。


年の瀬にテレビを見てこんな風に
感じたということは
 

感謝してないんちゃうかー
感謝わすれてへんかー
 

と言われてるのかもしれません
( ̄∇ ̄:)
 

どんなに小さな事にでも感謝できる
時は幸せです。


コロナの中でも視点を変えると
得ているものがあります。
何に気づくかで心も変わります。
 

起こった出来事が人生になるのでは
なく、どう捉えたかが人生になる

といつも光静先生がおっしゃって
ます。 
 

捉え方を変えると自分が豊かになっ
ていきますね╰(*´︶`*)╯♡
 

今、目の前にあるものに感謝して
過ごしていきたいと思います。
 
  

・・・
あー。今私の目の前には実家から
届いた大量のお餅があります。
危険と隣り合わせ。
食べすぎ注意です( ̄O ̄;)
昨日3つも食べてしまいましたから。




本年もありがとうございました。
皆様よいお年をお迎え下さい。
そして、来年もよろしくお願い
致します。