真解鑑定師 三井年美です。




買い物に連れて行ってほしいと母に
頼まれ羽曳野の道の駅へ。

母は漬物にするための大根を山盛り
買っていました( ̄∇ ̄)
一人暮らしなのに。
 


73歳の母が
 

毎日体を温めようと半身浴をしてい
て、体も温まり筋肉も柔らか
くなってるはずだけど、下着をはく
時にすっとは履けないねん。
年いくと足がすんなり上がらへん
 

と言う。
 

その後も
 

「この先、何が怖いって
歩けなくなるのが一番怖いわ・・
だから、毎日歩いてんねん」
 
 

この言葉を聞いた時、母の言葉と
してというより人生の先輩の言葉と
して私の中に入ってきました。
  


私も必ずそうなる。
 
 

20年後、同じことを感じているはず
だから、今から足を鍛えておこうと
決めました。いつもよりしっかり
ストレッチをしようと。

 

数ヶ月前もそうでした。
 

コロナで仕事がなくなった母が

「家にいても暇やし、まだまだ働け
るから働きたい。けど、70を過ぎる
と仕事がなくて探すのが本当に難し
い。何でもいいねんけどな」
 

と言う言葉に
 

私は働ける体も時間もある。
探せばいくらでも働く場所もある
のに、私は何をしてるんだろう・・
と思い
 
 

すぐに仕事を探し働きはじめました。
 
 

今まで、土日は休みじゃないと・・
毎日は無理だから・・
自分の用事を優先したいし・・と
 


できない理由ばかりを探してた事
を恥ずかしく思いました。

 

この間、光静先生が講演会で
言われていた言葉です。
 

「自分の体の機能をフルに使う。
本気で」と。
  


大動脈解離という大きな病気を抱え
られているのにゴールドジムに通い
jump oneにも通われてる。
(jump oneていうのはトランポリン
の上で激しく運動するジム)
 


何故そんなことができるんですか?
私なら血管に刺激をあたえないよう
にできるだけおとなしくするのに
 


と先生に言うと
 


「えっ!何で!!
飛べる足も体もあるのに!
やりたいと思ってやれる体からある
から」
 

という答えが返ってきました。

 

今、与えられてる体の機能を最大限
に使う努力を自分の責任を持ってや
ってるともおっしゃってました。
 


先生が言われたこの言葉が
すごく印象的。
 

「病気の中で100%元気でいく!」
 



今日、光静先生と母の言葉が重なり
ました。



私達はできないことが増えていき
ます。それを受け入れながら、
今ある機能を最大限に使う努力を
するのは自分の体に対する責任だなと。
 

今、動いている体に感謝しないと
いけませんね。
 
 

数ヶ月前から 

毎日、お風呂に入った時自分の体
をさすりながら

「今日も一日よく頑張ってくれて
ありがとう」
 

言いはじめました。




この事を通っている整体の先生
に話すとこんな話を教えてくれまし
た。
 

膝の痛みで通われているおばあさん。
毎日、「ありがとう」と自分の膝を
さすられるそう。
 

膝の痛みでこられる方の中には
「こんな足いらんわっ!」と
言われる方もいらっしゃるそう。

 

膝をさすってありがとうと言って
るおばあさんの方が治りが早いん
ですよと整体の先生。
 



動いてくれている体に感謝をする
ことの大切さは仏教で学びました。

学んでいなかったらいろんな言葉が
私の中に響かなかったんだろうと
思います。
学べてよかった٩(๑❛ᴗ❛๑)۶



光静先生のブログです↓