真解鑑定師 三井年美です。


「全て与えるられているということを
信じてみる」


これはどんなこともです。
小さな出来事も大きな出来事も。 

なんでこんなことが私に起こるの!
というような腹立つことも
悲しいことも、辛いこともです。



何か自分に嫌な出来事が起こった時
何か大切なものを奪われたとか
失くしたと思ってしまいます。


だから、怒りになったり、苦しみに
なったり、嫌になったり・・・
マイナスの感情が湧いてきて
その感情がどんどんふくらみ
手をつけられなくなります。



自分に起こることを
「全て与えられている」

と捉えてみると
次の思考が変わってきます。
 

全て与えられてるという前提に
すると

じゃあ、私がこの出来事を与えられ
ている意味はなんだろう?
 

何に気づけと言われてるんだろう
???と考えはじめると
それを探しはじめます。

ここから、何を学べと言われて
るんだろうと考えてみる。

 
・・・


私には忘れられない鑑定の授業が
あります。

それは、瀧本先生が事故で足を失く
された方の鑑定の話しをしてくださ
った時に聞いた言葉が私には衝撃で
した。
  

鑑定に来られた方に

「足を失くすということを与え
られたんやな。足を奪われたので
はないよ」
 

この言葉に私は、心臓がドキッとし
たのを覚えています。 


奪われたのではなく与えられた
 

なるほど、そういうことなんだと
私の思考が一気にひっくり返った
瞬間でした。


私達は、幸せになるために全て
与えらているんだ。 

今の考え方ではだめだよ!
そのままいくと幸せにはなれない
から、この出来事で気づきなさい
と、全ての出来事は何かに気づく
ために与えられているんだと
ストンと心の中に落ちました。
 

見放されたから起こってるのでは
なく、愛されているからこそ起こっ
た出来事なんだと、今までの自分に
起こった出来事や学んできたことが
繋がった瞬間でした。


失くした、奪われたと思うと辛い。
でも、与えられていると捉えると
豊かになります。
 

私は、その衝撃の日から
「全て与えられている」という
思考に変わりました。


その最初の思考が気づかせてくれる
ものが沢山あります。
 

自分に対して
どんな問いをかけるかで次の思考も
未来も変わってきます。


全て与えられてるという前提だと
何に気づけと言われてるんだろう
と考える。それによって気づける
ことを探すと
 

見えてくるものが全く変わり出し
ます。
 

気づこうとする力は幸せになる力
です。気づいたことは何より自分
への財産です。 

自分の中にいっぱいの宝物が
ふえていくはずです。
 

全て与えられているということを
信じみませんか?


瀧本先生のブログです↓↓


鑑定のお申し込みは↓↓

真解とは

未来や過去を言いあてるのではなく

今、目の前のトラブルの原因を

みつけます。原因を知らずに応急処置

で終わってしまうと、また同じ事を

繰り返してしまいます。


意識では認識していない

潜在意識にあるあなたの偏りを

命式から読みときます。