真解鑑定師 三井 年美です。




初参加の書画へ。
 

書道教室ではなく、筆で自分が感じた
思いを書くのが書画です。


法話を聞いて感じたことを筆で文字に
する。いつもなら、先生の法話を
ノートに一生懸命とるけど昨日は
違いました。

法話を聞いた時に、感じたことを
ノートに書き、そこから書にし
ていく、これが難しい 笑

聞きながら自分が何を感じてるかを
ちゃんと感じて拾うことができない
( ̄ー ̄ )


ベテランの皆さんは、法話を聞いたら
スラスラと筆を走らせ自分の世界へ。

初めてやることって、戸惑うけど
繰り返すと思考もなれるはず。
ゆっくりとこれからは書画を楽しん
で習いたいと思ってます。

 

昨日、習ったのは

『 異体同心 』いたいどうしん

体はそれぞれ個々としてあるけど
個々にある心をひとつにすれば
驚く力になり、何事も達成できる。
その場にいるなら同じ方向を向く
という責任が自分にはある。
人はどうでもいい。自分はどうか?
自分に問えということ。

 

これと文字はよく似てるけど
まったく反対の意味の言葉で
 


『 同体異心 』

私達は2つの心をもってます。

悪いと思ったら謝ればいいのに
「でもねー」と謝らない。

やりたいと思ったらやればいいのに
「でもねー」とやらない。
 
この心のこと。 



あるなっ 。あるある。( ̄∇ ̄)
素直にそのまま行動すればいいのに
もうひとつの心が止めてしまう。


後回しににしてしまう心は
本当は、ない方がいいですね。
心はひとつがいい。

素直じゃない自分を知ってるから
「でもなー、やっぱりなー」に
気をつけよーっと。



当たり前にできそうなことなのに
できないことが、幸せの道を遠のけ
ますね ( ̄∇ ̄:)




鑑定のお申し込みは


5月19日(日)沖縄スタート!!