真解鑑定師 三井年美です。




昨日、駅で昇りエスカレーターに
乗り、降りようとした時、足元にペッ
トボトルが落ちている事に気がつきま
した。

エスカレーターの一番上でコロコロ
とペットボトルが回ってます。
 

一瞬、拾おうか!と思ったけど拾え
ませんでした。思いながら右足の一歩
の方が早く、エスカレーターを降りて
いました。

ペットボトルを見た瞬間に

拾ったペットボトルどうするの?

後ろに人がいるからしゃがむと
ぶつかってあぶないかも。

拾う時に指はさまるかもよ。

と思ってるうちに
拾うことができなかった。 
 

「戻って拾う?ほっといたら誰かが
つまづくかもしれないから、戻って拾
う方ががいいかもよ」

とも思ったのに、無視してしまいました。( ̄∇ ̄)
 

「わざわざ? はずかしくない?」と言う自分の声に負け、誰かが拾うだろう
と歩いてる自分がいました。
 

でも、

今朝も拾っておけばよかったなーって
気になってます。


何故、気になっているかというと
私の行動が「 悪いこと 」だとわかって
いるから。



「 悪 」って

意図的に嘘をついたり、人を傷つけたり物をを盗んだり、これももちろん悪いことなのですが

仏教でいわれている「悪」は 

「 善を行わないこと 」なんです。

範囲が広い ( ̄∇ ̄)



ペットボトルを拾った方がいいと
気づいていたのに、拾わなかったのは
悪を行なったのと同じ。

善いことだとわかっていたのに
やらなかったら悪を行なったことに
なる。
 

あらら (-_-;)

心に引っかかってるという事は絶対
拾った方がいいということだったんで
すよね。気づいてるのにできなかった
自分に反省です。




ずーっと前に教えてもらった
このお話し思い出しました。
 


ある大きな道に誰かが岩をおきました。
旅人がやってきて、通りたくても
通れないので、岩を登って渡りました。

次は馬に乗ってきた人が通ろうと
する、次は老人が・・子供を連れた
お母さんも・・ 

ずーと岩はそこにありました。
すごく邪魔。
 

そこへあるおじさんがやってきて
 「この岩はここに1週間もある
なんて悲しいことだ」
 

そして、村の人を集めました。
そのおじさんは村の村長。
この岩をおいたのも村長でした。

村長は
「私は本当に悲しい。ここに岩がある
ことでみんなが不便な思いをしている
のに、誰一人この岩をどけようとしな
かった。自分がどけたら誰かが楽に
なると思わないのか?
誰かが見ていないと、いい事さえもし
よという気持ちがない村なのか? 」

実はこの岩の下には、金貨100枚と
手紙が置いてあり

手紙には
この石をどけてくれたあなたが、この
金貨を持っていって下さい。

と書いてあったというお話しです。

 

自分がやろうと思ったならやる。

このお話しを書きながらも
できなかった自分に反省です。
小さなことの積み重ねが大切という
こともわかってるんですが・・
やってないのはわかってないのと同じ
ですね ( ̄∇ ̄)

仏教は実践行動学。
知ったならやる。


・・・  ハイ ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘



鑑定のお申し込みは


鑑定の申し込みを

いただいてる方には順番に

日程を調整し連絡させて

いただいています。



沖縄で逆視道はじりまーす!

逆視道ホームページ