真解鑑定師  藤田 恭子です。





先日、舌ガンを公表した

堀ちえみさんが手術後に

「初めて声が出た」と

ネットニュースに記事が出ていました。




80年代アイドルが大好きだった私。

あの頃、歌番組やドラマを夢中になって観ていたな〜と懐かしく思います。




記事では、

堀ちえみさんはブログの中で


久しぶりに聞いた自分の声が

耳に残って消えない。

そのうち声が出るのが当たり前のようになって来るだろうが

この感動を忘れず感謝の気持ちを持って生きていきたい。


と綴られていました。




この記事を読んでハッとしました。




普段、

私達は全てが当たり前だと思って生きています。



声を出すことも

喋ることも

食べることも

歩くことも

走ることも

息をすることも

当たり前だと思って生きています。




仕事をしたり

勉強したり

家族と過ごしたり

友人と遊んだり



当たり前と思っているけれど

本当は当たり前じゃない!




当たり前と思っていたことが

突然、取り上げられたらどうします?



あるはずのものがなくなったら

出来るはずの事が出来なくなったら

居るはずの人がいなくなったら



その時にやっと

当たり前じゃなかった

奇跡の連続だった

と気づくはずです。




そして、

どれほど有り難いことだったのかと

感謝を忘れていた事に気づくのです。




まだ、頭では分かっていても

心では分かっていないかも知れません。




今の事象は全て感謝の事象。

感謝を忘れた時、気づかせる為に

何かを取り上げられる。




いえ、

取り上げられるのではなく

気づかせる為に

与えられるのだと思います。




私は大きな病気にかかった事はないですが老いをヒシヒシと感じています。




小さい字は見えない!

代謝も落ちている!

膝、腰も痛みます(笑)




けれど、これは与えられた事

今まで

クリアに見えていて当たり前

痛みがないのが当たり前

と思っていた私。



当たり前ではなく

有り難い事だった。

そして、

今も見る事が出来るし

膝や腰は私を支えてくれている。

有り難いですね。




そして

今、置かれてる状況に対して

愚痴を言う暇があるなら

「有り難い事を与えられている」

と捉えて感謝をしていこうと思います。






瀧本先生のブログ

「考える」より「感じる」という生き方を









真解運勢鑑定のお申込み

真解鑑定ホームページ

※お申込みいただいた方には

   順番に連絡させて戴いています。

   


   

☆沖縄逆視道

    5月からスタートします!

☆大阪オリエンテーション

    3月、4月開催!


お申込み

逆視道協会ホームページ