応援するということ。

テーマ:

真解鑑定師 三井年美です。




誰かを応援するというのは
その人がやりたいと思っている
ことを全力で応援するということ
だと目の前で見せてもらいました。

 

地域の子供達やお母さんのために
珈琲とどら焼きの美味しいお店を
作りたいと考えている友達。


去年、そんな話しを瀧本先生に
友達が話した瞬間に先生が行動
されたんです。すぐに「やりっ!!」
と友達の背中をぐっと押されたのを
間近で見ました。


その場にいた縁もつながり
あれよあれよと友達の夢が動き
はじめたんです。
 

まずは「どらやき」を作ること
からはじまりました。


友達とは7年の付き合いです。
夢の話しは聞いてましたが
その一歩が踏み出せなかったり
思ってるように動けなかったのに。
 

一瞬で動きはじめました ( ̄∇ ̄)笑


友達の夢があの日から1ヶ月半で
形になってきています。
今、試行錯誤してることって
人生の財産になるんだろうなって
思います。
 
 

 先生が
「本気ってこういうことやねん」と
と言われたのを聞いて
先生の行動と言葉で私も生き方を
教えてもらったような気がします。


 

誰かの夢に対して「無理だからやめ
といたら?」とか、「こっちの方が
いいんじゃない」というのは応援で
はなく、その人がやりたいと思って
いる事に力を貸したり、頑張れって
背中をおすことが応援なんだという
事も教えてもらいました。




昨日、その「どらやき」を味見
させてもらいました。


いろんな思いがこもっている
「どらやき」を、子供達と分けて
食べさせてもらいました。
美味し〜いどらやきでした!

きっと沢山の人に愛されること
間違いなしっ ╰(*´︶`*)╯♡

 





いつだったか、こんな勉強を 
しました。まさにぴったりな教え。


『  他人是吾   』
〜たはこれにあらず〜
他人は私じゃない と言う意味です。
  

何かにチャレンジしたいと思って
誰かに悩んで相談した時 

 「こうすればいいやん」と
アドバイスをくれる人と

「やめとき!」
そんなん無理やでって言う人と
ふた通りあります。
 

自分が何かをはじめようと思う時
って色んな縁が巡ったからやりた
いと思います。たくさんの縁が重
なったからはじめたいと思う。
  

それってすごいことです。
たくさんの縁と繋がったから
やりたいと思う心がでてきた。

 
続けれるかどうかとか結果がどう
なるとかではなく自分がやりたい
と思ったならやってみる。
これが大切。

自分がやるときめたら
他人がどう言ったかではなく

「やってみる」

 

自分で決めてやろうと思った時に
やりましょうという事をこの言葉
は言っています。


やってみることが大切で経験が
大切だということですね。

   

私もいつも応援できる人で
ありたいと思います!


 

さすがに真ん中から割ることは
できませんでした 笑


鑑定のお申し込みは


鑑定の申し込みを
いただいてる方には順番に
日程を調整し連絡させて
いただいています。