仏教ってー?!

テーマ:

真解鑑定師 三井年美です。



仏教に「自利利他」という言葉が
あります。

自分のはたらきが誰かの幸せに
つながり、それが自分の幸せになる。

ということです。

 

私が何かをすることで
誰かが喜んでくれる。
それを見て私も幸せになる。
 

私もここをめざして日々勉強
しています。

  

仏教を知ってもらいたいのは
何故か!? 
 

それは、仏教を知ると
自分の人生、自分と照らし合わせを
していくので
 

私の心はこんなふうに
なっていたのか!? 

心が辛い時、苦しい時は
こう考えればいいのか!

原因はここだったのか!

と、心が解けていくからです。
 

 
心の上に重しがのり動かなく
なっていた心が
自分の心を知ることで
重しがなくなり、羽根が生えたように
軽くなるからです。
 

自分と同じように悩んでる人へ
心って軽くなる方法があるという
ことを知ってもらいたいから。


知ることでみんな楽に生きやすく
なるのに・・・
 

生きやすくなった経験をしたから
沢山そんな人を見てきたから
伝えたいのです。

 
仏教と聞くと
 

仏教→宗教→あやしい→勧誘→抜けれ
なくなる→お金を払わされる→何か
に対して一心に拝む

こわいイメージがある  笑
これは私が持ってたイメージです。


でも、ちがいます。 
 

仏教を学ぶということは

「 自分を知ること。」
一番身近で大切にするべき
自分を知ることです。

 
私は何を考えているのか。
私は何がしたいのか。
どうすれば私は幸せになるのか。
自分を大切にするってどうすれ
ばいいのか。

色んなことがわかってきます。
しっかりとした根拠を仏教は
持っています。
 

道具がいるわけでもなく
壺や数珠なんて売ってませんし
何かに手を合わせることもしない。
お金もかからない。


話しを聞いたことをやるだけ。
やるという力は必要です。 

自分を変えれるのは自分だけ。
自分を幸せにするのも自分だけ。

何かに手を合わせたって
人生なんて変わりません。
 

「やってみる」 それだけ。


やってみると色んな自分に出会え
自分を知っていきます。

ここから変わり始める 笑



私の周りには仏教を伝えたいと
思ってる人がたくさんいます。

心強い仲間です。
 


瀧本先生のブログです。





 

鑑定のお申し込みは

鑑定の申し込みを
いただいてる方には順番に
日程を調整し連絡させて
いただいています。




逆視道で学べることは

「捉え方」

捉え方を変えると

心が変わります。
心が変わると
行動が変わります。

行動が変わると
結果がかわります。

突然、自分に降りかかった
出来事はどうすることも
できません。

でも、その出来事を
どう解釈するのか
どういう感情を選択する
かは自分次第です。