ショパンの3度の重音 | 癒しの風のピアニスト

癒しの風のピアニスト

分離唱・ピアノ奏法を丁寧にレッスン致します。
東京都内~八王子、町田、横浜辺りまで出張レッスン可

今日はショパンのワルツの中に出てくる3度の重音をレガートで美しく弾く弾き方ををレッスンしました。


お手本を弾いて見せながら、そして生徒さんの弾き方の何処に問題があるのかを一緒に考えながらポイントを伝えました。


・指に力を入れて鍵盤に押し込まないこと。

・ハイフィンガーにならず、鍵盤に指を触れた状態から弾くこと。

・特に親指に力が入り過ぎないように。

・黒鍵と白鍵の組み合わせの場合、その段差を考慮すること。


すると段々できるようになって来ました♪


3度の重音はピアノのテクニックの中でも高度な技術の一つと言われていますが、例えばハノンの練習曲の重音を「頑張って」練習しても、なかなか上手くはならないと思います↓




むしろ力が入るくらいなら、後で悪い癖を直すのが大変なので、これは練習しない方が良いかも知れません。


あくまでも耳でコントロールして、美しい音で弾きましょうウインク




----------------------------------------------
※大人の方(もしくは中学生以上)を対象とした出張個人レッスン(ピアノ・楽典・分離唱等の音感レッスン)の生徒さんを募集しています。レッスン場所は東京都内~横浜辺りまでの音楽スタジオや生徒さんの御自宅等。

レッスン料金は1時間~1時間半/6000円(交通費込み)です。(スタジオをレンタルされる場合はスタジオ代金をご負担お願い致します)。

詳しくはshinjun_145@yahoo.co.jpへお気軽にお問い合わせください。


ブログランキングに登録してみました↓
ボタンをそれぞれクリックして頂くと、ランキングが上がっていきます。
良ろしければバナーをそれぞれ1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


音楽教室ランキングへ


ピアノランキングへ


ピアニストランキングへ