未来を語る新宿老人党

ブログの説明を入力します。


テーマ:

2014.04.0

 1.味の素(MSG)を巡るさまざまな事件 

化学調味料は「ヒトの味覚能力を損ない」長期的・大量に摂取すると「ヒトの健康を破壊する」ことが明らかだと感じる。安保免疫論や、森下血液論で「白米・砂糖・ミルク」は「ヒト殺しの三白」であると指摘されているが、味の素=化学調味料も同列にあると考える。昔から、米国ではMSG症候群として批判されている


 2.「味の素症候群」とは? 

米国での中華レストラン事件1960年代末に米国で『中華レストラン症候群』と呼ばれる奇妙な病気が多発して大騒ぎになった。これは、中華料理店でワンタンスープを一時的に大量摂取した客から、頭痛、吐き気、めまい、胸痛などを感じるとの苦情が寄せられた事件で、大量のグルタミン酸ナトリウム(MSG)摂取が原因であろうと考えられ、「MSG症候群」と名けられた。

タイ・ホテルでの味の素症候群事件1985年には、シンガポールのハイアットホテルで開催された「障害者世界大会」のレセプション会場で提供された高級中華料理のふかひれスープを飲んだ数人の女性が、急に心臓がドキドキし、手が痺れ首が痛くなる発作に襲われた。駆けつけた医師は即座にこれを「味の素症候群」と断定した。

・【東南アジアでの野犬狩りに使用している味の素】インドネシア、フィリピンなど東南アジアの山奥での野犬捕獲法は、まず、魚のカンヅメを用意し、のカンヅメに味の素を混ぜて犬に食べさせる。喜んで食べた犬は、しばらくすると意識朦朧となって失神してしまい、これを捕獲・解体して人間が食用にしている。味の素はイキモノにとって、有害であることはよく知られている。

日本で起こった酢コンブ事件実は日本でも、味の素による中毒症状が話題になったことがある。1972年東京で多量の味の素を含んだ酢コンブあるいは中華料理を食べた50人前後のヒトが、悪感・頭痛・眩暈・頭部及び手足の痺れ、胸部圧迫感など中華料理症候群を発現し、失神寸前の被害者も出た。都立衛生研究所の追跡調査によると、味付昆布に1345%もの大量のグルタミン酸ソーダが添加されていることが判明した。さらに各地でも炒飯、スープ、焼きソバなどを食べた人の中に、相次いで同じ症状が現れ、これを「中華料理症候群」として注意を促した。さらに調査したところ、女性は男性に比べて症状が強く現れやすいこと、お酒に弱い人も、強い人に比べて症状が顕著であることが、確認された。

 .味の素を利用した悪質なゲーム 

・一方、日本でも暴力バーとか、キャバクラなどで、ホステスが酒に「味の素」を振りかけて飲ませ、酔客を前後不覚にさせ金品を奪う事件が起こった。若いヒトの飲み会で「味の素」を利用したゲームも流行った。

ウィスキーやコカコーラと混ぜる米国でレイプ犯罪に味の素が使用されることが報じられた。コカ・コーラに味の素を含むと意識が朦朧としてしまう。そこで、「友達からでもコカ・コーラを貰わない」が若い人間の隠語とのこと。

時には、安ウィスキーに味の素を入れて、よく混ぜると高級ナポレオンが出来るといってワイワイ楽しむ遊びもある。でも、意識を失う。

サッカリンと混ぜるなお、味の素と人工甘味料のサッカリンを混ぜるとサッカリンのあの苦味が抑制され、サッカリンが入っていることをバレないで済む。サッカリンは有毒だが、味の素も毒なので、複合毒だ。

 米国では「味の素による発ガン性」が警告されている 

・MSG1日の許容量は6グラムといわれ、12グラムを超えると症状が現れるとのこと。1960年当時、中華料理には1食平均10グラム以上のMSGが使われていた。ただし、1日当たりの摂取量が問題なのでなく、毎日のように体内に蓄積されれば、その弊害として何らかの体調不良の原因になるから問題であると考える。

また、石油化学系の合成グルタミン酸は過熱により発ガン性物質に変異すると言われている。アメリカのFDA(厚生省)は「味の素㈱のハイミーには奇形と発ガン性が認められる」と日本の厚生省に通告したが厚生省はこれを黙殺し、その後も多様な食品への添加を容認している。日本の役所は国民の健康を黙殺し、巨大メーカーの利益を優先してきた。

・これはTPPの問題でない。国民の健康に関わる問題だ。

まささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。