四川省新茶販売開始いたしました |  心樹庵 おちゃこよみ

 心樹庵 おちゃこよみ

  
 生まれも育ちも東京の二人が奈良に来て13年。
奈良の古い街並みが今も残る“ならまち”で日本茶と
中国茶の専門店を開いています。

悠久の都~奈良から大好きなお茶の魅力を発信して
いきます。


テーマ:
 

 
今日のお茶会にぎりぎり間に合いました新茶のパッケージ(;´∀`)
 
 
 
お茶会では審査碗で抽出した後カラフェに移し最後まで出し尽くします。
こうすると最初は淡く感じたお茶がぐっと力が出ていたりするし、茶杯からの情報だけでなく視覚、嗅覚、味覚総動員で味わうことができます。
 
土地の違いや品種の違い、緑茶という製法の中でこれだけのバリエーションがあることもご紹介できました。
 
 
 
全部で14〜16種類飲みました。
 
 
一芯の中を剥くと次世代、次次世代の芽が次々と出てきます。
可愛らしさだけでなく茶の持つ生命力もひしひしと感じます。
 
本日よりオンラインショップでも四川省の緑茶、黃茶の販売を始めました。→オンラインショップはこちら
春の息吹をどうぞ感じて味わってみてください。
紅茶や貴州茶に関しては只今モウレツ準備中ですのでまた改めてご案内いたしますm(__)m(__)m

心樹庵さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ