永谷宗円生家 |  心樹庵 おちゃこよみ

 心樹庵 おちゃこよみ

  
 生まれも育ちも東京の二人が奈良に来て13年。
奈良の古い街並みが今も残る“ならまち”で日本茶と
中国茶の専門店を開いています。

悠久の都~奈良から大好きなお茶の魅力を発信して
いきます。


テーマ:


小雨交じりの中、行ってきました宇治田原にある永谷宗円生家。

永谷宗円という方はいわゆる今の蒸し製煎茶の製法を開発された方です。


当時のホイロの跡も残っていて、地域のボランティアの方が丁寧に説明してくださいました。


宇治田原町でもこの湯屋谷地区で作られたお茶もごちそうに。想像以上に旨味が強くなく山の味がします。

土日祝のみ内観できるそうです。生家訪問がてら周辺の茶畑を見て回るのも楽しいですよ。程よくアップダウンもあって歩き甲斐があります。



徒歩で15分程手前にある[宗円交遊庵 やんたん]では喫茶もできたり、生産者さんごとのお茶も購入できます♪



心樹庵さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス