こんにちは

 

人形劇担当スタッフのHです

 

人形劇も、いよいよ次回に向けた作業が開始しました

 

今回の演目は「かさじぞう」「赤ずきん」です。

 

今回は初の童話を演目として行うこととなりました。

 

 

皆で、どんな絵本にするか決めて、台本班の団員が子供向けに書き上げてくれました

 

ある団員は、分かり難い表現などを言い変えたり少し激しい表現をマイルドにしたり

 

元々文才があるんでしょう色々と趣向を凝らしてくれています

 

また、台本の下書きにワードを使用していた団員は、その使いこなしっぷりに目を見張りました。

 

まさか…インデントや行間隔をしっかり使いこなしているなんて……おそろしい子

 

おかげで凄く見やすい台本を作ってきてくれました。ありがたやーありがたやー。

 

 

こちらは小道具班の様子です。

 

お地蔵さんに被せる「かさ」を作っています。

 

これを何枚か重ねて強度を上げて、磁石で地蔵の頭に固定できるようにするのだとか。

 

新団員がアイディアを出してくれながら、即戦力としてバリバリ活躍してくれていますよ

 

 

こちらは差し入れの抹茶サイダー(手作り)です。

 

なんで、こんなものがあるかというと…。

 

お地蔵さんの体をペットボトルで作るということで、1Lのサイダーを沢山買ったので

 

皆で休憩も兼ねて作業の合間に、サイダーを飲みました。

 

普通にサイダーを飲む人もいれば、かき氷イベントで使ったシロップを入れてメロンソーダを作る人

 

果てには宇治金時用の抹茶シロップを入れて抹茶サイダーを作る人まで

 

しかも、味はそこそこ美味しいという事実…。新発見でした

 

 

こちらは背景班の様子です。

 

おじいさんが行商に行く町の下書きを作っています。

 

いつものように紙にプロジエクターでフリーのイラストを映しながら、なぞりなぞり…。

 

ただ、これだけでは街並みが寂しいのでなぞり終わった後に

 

色々なキャラクターを書き加えてくれています

 

どんなキャラクターかは、まだ内緒です★彡

 

 

最後に人形班の様子です。

 

今回は「かさじぞう」ということで、おじいさんとおばあさんは着物姿になります。

 

そこで着物を仕立て中

 

今回の型紙は、無料型紙工房ことろさんのダッフィー用の型紙を人形用に少し丈などを調整しています。

 

また、人形班にも新しい団員が加入してくれました

 

 

人形班の班長と一緒に、新人形のための手や頭を作ってくれています。

 

初めてやる仕事に大丈夫かな?と不安な新団員に

 

班長やベテランの団員が「へーきへーき」と声をかけてくれています。

 

こんな感じで、公演に向けて毎週頑張って行っています

 

今後も情報をお伝えしていくので、お楽しみにー