心の扉を開けて

心の扉を開けて

好きなものは手相、神社、スピリチュアル、そして小説創作! 放置状態だったけど復活。

ようこそ。廿日草(はつかぐさ)がパワースポット、スピリチュアルについてお話していきます。小説創作もボチボチやってます。


勝手ながら明らかに宣伝目的のコメはスルーしています。


追記;2015年8月ブログ名を「心の扉を開けて」に変更。


うちのお奨め記事は「幸せになりたければテレビを見るな」です。ニュースは心にネガティブ思考の種をまくので見ません。


すみません。アメブロの機能をよく把握していないので、返信等が遅れる場合があります。

現在web公開中の自作小説は……(古いものから順に)


一緒に暮らそう
」(完結) 203P 一流大学卒のエリート理系君と高卒のワケあり彼女の、年の差&格差ラブストーリー。作品情報はこちら


スノーフレークス」(完結) 83P 都会からやってきた転校生が遭遇する不思議な出来事。雪んこファンタジー 作品情報はこちら


ロング・ディスタンス」(完結) 283P 20代後半OLの不倫と友情の物語。作品情報はこちら


叶わぬ恋の叶え方
」(完結) 121P 二十代後半の工員咲子は入院先で年上の医師坂井に出会う。二人の境遇の違いを考えれば、恋になんか発展するはずのない関係なのだが……。


その男、傲岸不遜につき 」(完結) 女子大学を卒業したばかりの絵梨香と不動産投資会社の若きイケメン経営者、礼の契約関係から始まる恋。某フィフティシェイズ・オブグレイのファンフィクです。


テーマ:

前回に続き、桜井識子さんの新刊「人生が楽になるコツ」の感想です。

 

今日も、牛頭天王の記事がアップされていましたが、私が一番印象に残ったのは、八坂神社と晴明神社の章です。「実は私も『なんとか助けてもらいたい』という状態で八坂神社に行きました」という文が気になりました。はっきり書いてないけど、何者かに呪詛を送られているかのような口ぶりです。

 

それで思い出したのが、2〇ゃんのアンチカテです。以前、普通に彼女の名前を検索エンジンにかけると、そういうのが上位に出てきてたんですね。いくら桜井さんのことがいけすかなくても、わざわざアンチカテを作るなんて尋常じゃないです。皆さん、例えば嫌いな芸能人のアンチサイトなんてわざわざ作りますか?好きな芸能人のファンサイトならともかく。

彼女のなそうとしていることが、彼らの商売や存在にとって邪魔くさいからそんなことをしてるんじゃないかと推測しました。

 

考えられるのは、新興宗教団体や霊感商法を生業とする連中ですね。名指しではないにせよ、そういった団体や占い師を否定する発言を彼女はしていますから。「うちの宗教以外の神を信奉すると、天国には行けないし、救われない」というのがああいう宗教団体の常套句ですから、桜井さんが複数の神仏を信奉してもいいとおっしゃるのは、彼らの教義に反します。自分とこの団体に入信して、せっせとお布施を払って手弁当で布教活動をしてくれるカモを獲得できなくなってしまうわけですよ。

 

桜井さんに悪念を送っているのが、そういう連中じゃないといいんですけどね。

 

とにかく、桜井さんが神仏の加護を受けてご無事であることをお祈りします。有名になられたけど、あんまり変な人に寄ってきてもらいたくないな~。

 

それから、台風で予定が崩れてしまった取材先には、再訪していただきたかったかなぁ~と個人的には思います。特にプロデュースを担当する編集者に対して言いたいです。

 

 

 

 

 


テーマ:

桜井識子さんの最新刊、「人生が楽になるコツ」を読みました。「コツ」シリーズですね。

 

今回は関西の寺社巡りでしたが、やっぱり京都編が面白かったかな~~。特に晴明神社の安倍晴明さんに呼ばれてしまうくだりなんか、くすっと笑ってしまいました。

 

晴明さん、前の本に登場した時はあんなに識子さんのことを煙たがっていたのに、今度は自ら招いてお迎えまでよこすなんて! あらあらそんな展開となっていたとは!おねがい

 

しかも、迎えによこした家来が一つ目小僧とは! 本当に見えない世界にいたんですね! 龍とか鳳凰とかが登場するあたりの、ファンタジックさもまた彼女の著書の面白さです。

 

いや~、この本を読んでから久しぶりに京都に行きたくなりましたよ~~。以前は行事の出席で行くことがあったから、そのついでにちょこっと観光もしたんだけど、当面イベントの予定もありません。となると、いつ行こうかな~~?

 

今日も識子さんのブログで牛頭天皇の記事がアップされていましたが、久々に八坂神社に行きたいんですよ。桜の季節に丸山公園から八坂神社へ散策したいんですよね。京都に花見の名所は色々ありますが、私が行ったことがあるのはそのコースト平安神宮でしょうか。私も短期間ではありますが、京都に住んでいたことがありますから。ちょっとだけ知ったかぶりします。

 

あー、でも桜の時期の土日って混みそうだし、宿代も高そう~~~。ああ、となるともう今月にでも行きたい気分になってきた。識子さんのご本は私の旅心をくすぐります。

 

京都はね、私にとってはある種鬼門なんですよ。私は京都に憧れてるんですけど、あの街は私をいけ好かないと思ってるんです。何のこっちゃって? あの街とは相性が良くないのかもしれないと思うんですよ。数年前、吉田神社から京都駅を向かう時、異様に頭痛がしたことがあります。あのだるさは何? あそこに住みついても、弾き飛ばされて遠くの街に引っ越す運命になるんですよね。

 

ああ、なんか感想から外れてきました。頭が「京都に行ったらどこへ行こうかな~~」なんて考えてる。INOBUNの雑貨屋さんに行って、リプトンの喫茶店でデザート食べて。その昔、友達と飲みに行って、高瀬川沿いを肩を組んで歌いながら歩いたことを思い出しました。

 

ホントはこれから某温泉地に行こうと考えていたのに、キャンセルして京都に変更しようとしている私がいます。にやり 恐るべし、識子本!

 

ということで、書評は次回に。


テーマ:

奥平亜美衣さんが出した「超訳 引き寄せの法則」を読みました。これは、エイブラハム・ヒックスの「引き寄せの法則」の中でも、いわゆる赤本と呼ばれるものを、彼女が翻訳したものです。

 

「赤本」はすでに翻訳されています。しかし、洋書の忠実な翻訳が直訳過ぎてニュアンスが伝わりづらいという意見もありました。私もこの冬休みに改めて赤本を読み返しましたが、目が字面を上滑りしてなかなか進みませんでした。本が嫌いな人には読むのが厳しい本かもしれません。

 

そこへいくと、この超訳版はもう少し読みやすいです。アマゾンのレビューに「~んだよ」という語末が引っかかるという批判がありましたが、私は別に違和感を感じませんでした。また暇な時に読み返してみようと思います。

 

一か所気になったのは、「場面ごとの確認」という訳です。原文が何なのか調べませんでしたが、「節目ごとの確認」の方が私はしっくりくると思います。これは2ちゃんの引き寄せカテに彗星のごとく現れた、行動不要論氏が用いていた語です。

 

「場面ごとの確認」ですが、私もいまいちどういうものか腑に落ちていません。行動不要論氏の書き込みを再読して、復習しようかなと思っています。

 

また、私は世界的ベストセラーである「赤本」よりも、彼女の「引き寄せの教科書」の方がわかりやすいと思います(前回の記事で取り上げました)。初心者が引き寄せの法則を理解したい時はこれを読んだらいいと思います。

 

私も漠然と憧れていたことを叶えた気がします。以前に「いいな」と思ったアパートに、気が付いたら引っ越していました。これって引き寄せなのかな~~??という感じです。ちょうど読みたかった奥平さんの本を古本屋で見つけたのも引き寄せかな~~。ニコニコ

 

また、奥平さんの出されたスケジュールブック2019年版も買いました。これは毎日、その日あった良かったことを書く欄があるので、「いいことノート」でもあるのですね。引き寄せ界で勧められる「いいことノート」は、前に三日坊主になっちゃったので、今年は続けたいです。

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス