もうすぐ税理士試験 | スワローズとサザンと野菜作りをこよなく愛する 杉並の税理士 山田真治 のブログ

スワローズとサザンと野菜作りをこよなく愛する 杉並の税理士 山田真治 のブログ

スワローズとサザンと野菜作りをこよなく愛する 杉並に住む税理士 山田真治です。思いつくままに、書き綴っていきます。


テーマ:

今年の夏は暑い。

 

数年前までは暑いけど、毎年風邪を引いていた。

原因は、クーラーの効きすぎ。

会社もそうだし、受験時代の自習室。

 

これで、基本クーラーが嫌いとなってしまった。

一人で働いているので、そのときは基本的にクーラーはつけない

(冬はストーブつけます)

 

私の税理士試験受験生時代の事情として、

 

1.会場の室内はクーラーが効いていた

 なので、暑さ対策というより寒さ対策。これに気を遣った。

 受験中の飲食は禁止。

 今年から、暑さ対策のためか、ペットボトルの受験中の摂取は可能となったとか。

 でも、飲むのに30秒くらいかかったとしたら、とってももったいない。その時間を理論書いたり、

 計算に充てるべきだと思う。

 1秒だって惜しいはずだから。

 

2.今年から不合格者に対しての得点が公表されるとか。

 税理士試験はとにかくブラックボックス。以前は合格しているかどうか、このお知らせだけだったのが、

 合格か不合格ランクのAからDまでが示されたものに変わって、Aランクが多かった。でも、出来ないときは

 たしかにCとかDとか。

 今年から得点が開示される。となると国税庁の示している合格目安が6割として、専門学校の配点による合格とどのような

 相関関係になるのだろうか。たとえば、合格ラインが専門学校配点で30点で受験生が40点とったとしても、

 国税庁の開示、つまり不合格による得点が50点だったり、逆に専門学校の配点が合格ライン80点のところ、75点獲得しても

 不合格の通知に58点とかかれていたり。こちらについてはさまざまな現象が見られそう。

 

 

いずれにしても、本日が8/2。すでに一週間きってしまいました。

受験生は悔いを残さないように。。。

杉並区の税理士 山田真治さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス