FXの自動売買 システムトレードって?なに?? | shinichiro beckのFX奮戦記

shinichiro beckのFX奮戦記

メリマンサイクル理論とフィボナッチで為替に投資するサラリーマン投資家 shinichiro beckのFX奮戦記


テーマ:
日曜なので、少し話題を変えて・・・

最近よく目にする、システムトレードという言葉。
コンピューターが自動で売買する手法。
ネット上を見ると、色々ある。眉唾な感じのする商品も少なくない。
個人的に色々調べてみた。
実際にシステムトレードを可能にするソフトもあることが分かった。
メタトレーダー」現在はVersion4になっている無料ソフトだ。
本来的には、C語に近いスクリプトを組み(Excelの関数に近い物)自動売買する。
FX会社のサーバーに接続して、売買注文も自動で行ってくれるという商品だ。
日本ではこれに対応するFX会社はODLジャパンしかない。
海外の業者でも扱いをしてくれるともあるようだが、日本語対応という意味ではまだ日本には1社しかない。海外ではかなり使われている感じである。
このソフトに関しては、ネット上にあるフリーソフトと同じ扱いで考えてよい。



ネット商材でメタトレーダーを謳い文句にした物もあり、多分取引用の売買スクリプトを売っている物と想定される。
中には、スクリプトの勝敗に関するデータも出しているところもある。
サラリーマンなら、すごく魅力的に見えると思うが、カスタマイズするには、それなりに知識が必要とされる。
書物も発行されているので、Excel関数が得意な方は読んでから試すことをお勧めする。
メタトレーダーに関する物としては「FX メタトレーダー入門」
インストール方法、スクリプトに関する説明から、テクニカル分析まで・・・入門書としてはかなり幅が広い感じがするが、詳しく書いてある。ソフト自身もかなり色々出来るマルチソフトで、優秀な感じがする。
無料で、シュミレーションも可能なので試してみるのは良いかもしれないが、日本語にも対応しているがあくまでが以外製品なので、「FX メタトレーダー入門」がある方が、理解しやすい。

FXメタトレーダー入門―最先端システムトレードソフト使いこなし術 [現代の錬金術師シリーズ56] (現代の錬金術師シリーズ 56)/豊嶋 久道

¥2,940
Amazon.co.jp


私は、基本的にMacユーザーなので、深くまで使ったわけではないが、ソフトとしてはよい物だと思っている。
本当は、専用PCが欲しいところだが・・・嫁の目も気になるので、PC購入までは至っていないのが現状だ。
悲しい・・・・・・



プライバシーについて

Manというイギリスの会社をご存じな方はいるだろうか?
Manは、世界最古の先物取引会社だ。1783年創立。250年以上前から先物取引をしている会社だ。近年先物部門から分かれヘッジファンド部門を立ち上げ、今はヘッジファンド部門は、独立したと「Man investment」言う会社である。
日本ではほとんど知られていない会社だが、運用成績はかなりよい。年率20~40%の運用成績を上げている。
日本では、三井物産が名称を変えて販売している。最近は取扱代理店や、限定された商品だが三菱UFJ証券
でも扱われるようになっている。
運用内容は穀物が主軸で、先物市場で運用している。これからの事を考えれば、一次産品は魅力的だが・・・
穀物も特にコーヒーの扱いは、Man自身が大きかったと記憶している。

今から8年ほど前「NHKスペシャル」でヘッジファンドの特集をしていた。その時に「Man」も取材されていた。
Manはシステムトレードで、ヘッジファド運用しているという話を聞いていたので、興味もあり録画してじっくり見た覚えがある。
マシーンルームにはサーバだらけ・・・・
担当者が言うには、「人間の判断は、判断がぶれやすい。なので一定の基準でコンピューターに売買を処理させている。だから、高い運用益が可能だ」とのことだった。確かに、売買担当者いなく、無人売買だった。
売買の基準は、扱う物で変わるそうだが7%前後の損益で自動で売買するそうだ。

これを読んでいる方にも、たられば的な事を思う人も多いと思うが、デイトレや短期売買をやる上では、システムトレードも一つの手法ではないかと思っている。
秋の夜長、本を読んでも手はどうだろうか?
「休むも相場」ですかね



shinichiro beckさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス