感謝の集い

テーマ:

がん研究会の「感謝の集い」に参加しました。

会場がマンダリンオリエンタル東京と言うこともあり…

 

それもありましたが、以前ブログでも書いた「がん患者さんが歌う第九チャリティーコンサート」に出かけた折に熱心に担当の方からお話を頂だき参加させていただきました。

あまり堅苦しいのは苦手な方です。
 

びっくりしました。

円卓の隣の席が写真のがん研有明病院の病院長佐野武さんでした。

 

コンサートの時の気さくな人柄と柔和な口調はそのままで、すごい人だと感じました。

とりあえず話さないとなりませんので、

「立花隆がんルポ」「NHKがん最前線」あたりの古いネタで振りましたが反応は今イチ。

そのうちにお約束のがん研究最前線の講義ががん研究所の野田所長より行われました。

ゲノム解析、T細胞を活かす免疫療法の両輪が最前線のようです。

 

一方診断、手術の段階ではAI、ロボットの進出がめざましくパワーポイントで見る限り、医師の出番はどんどん減っていく印象です。

この点を佐野先生にお尋ねすると、「その通りです。ベテランと新人との間の中抜けが懸念されますね」だそうです。

 

ここでもAI。
本格的に活用と行くべき姿を真剣に考えねば。