グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:
技術者面接に求めること

企業は技術者に何を求めているのか?
それは尖っている技術を持っているか・・

尖った専門的な技術を欲しがっています。
暗号化技術
解析技術
画像解析
流体動力伝達効率解析
・・・・・・

ほどほどの技術をたくさん持っている技術者の集団より
別々の尖った技術を持っている集団のほうが
競争力を持ちます。

企業としても
尖った技術を持った集団を作りたいと考えます。

誰にも負けない
自分自身の「尖った部分」は何なのか?
抽出してみてください。
ここがユニークセールスポイントです。

ここが「売り」です。


「売り」が見つかったら
その「売り」をアピールする必要があります。


研究内容を面接で説明するときには
尖った部分にフォーカスするとアピールが強化されます。

この研究内容アピールは「未来価値」を証明する
重要なポイントです。

研究内容が
どのように企業に貢献できるか?
イメージさせなければいけません。

定量的・質的な説明が必須です。

<<例>>
「プログラミングができます。」
どのレベルのプログラミングができるのか・・・・
不明です。

例えば
6000行のプログラミングを作成しました。

大枠として
どれくらいの規模のものなのか理解できますね。

少し工夫を重ねてくださいね。

面接対策、更に詳しく知りたい方へ
http://nagoya-naitei.com/

模擬面接

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります