グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:
エントリーシート:覚えておきたい言葉の使い方

①1度と1回
 繰り返すことが予想できなければ「度」を使い、予想できるなら「回」を使います。
例えば、演奏会なら「第10度」と言わない、「第10回」と言います。
「2度あることは3度ある」これは予想できないので、「2回あることは3回ある」と言わない。


②1人と1名
 「名」は漢字が示すとおり、名前が分かる人を数えるときに使う。
友達は名前まで分かるので、「友達は300名います」・・「友達は30人います」とは言いません。
「店内には30人くらいのお客様がいました」と言いますが、「30名いました」とは言いません。

③終了と修了
 終了は、ものごとが終わること。
例えば、「試合終了」「任務終了」
 修了は、学業などの一定の課程を終えること。
例えば、「修了証書」「修士課程修了」

④挙げると上げる
 挙げるとは、意思表示、はっきりと分かるように示すこと。
例えば、「手を挙げる」「例を挙げる」「式を挙げる」
 上げるとは、下がるの対語。ものごとを終わる意味
例えば、「布団の上げ下ろし」「雨が上がる」「仕事が上がる」

⑤遅れと後れ
 遅れとは、時間速度が遅れること。
例えば、「時間に遅れる」「列車が遅れる」
 後れとは、ものごとが後れること。
例えば、「流行に後れる」「仕事に後れをとる」

⑥分かれると別れる
 分かれるとは、相互に対立する。違ってくること。
例えば、「意見が分かれる」「判断が分かれる」
 別れるとは、一緒だったものが離れ離れになる
例えば、「別れ道」「別れ際」

⑦追求と追及
 追求とは、何かを得ようと追い求めること。
例えば、「理想を追求する」「利益を追求する」
 追及とは、人や責任を追い詰めること。
例えば、「責任を追及する」「犯人を追及する」

⑧的確と適格
 的確とは、的を外れず間違いがないこと。
例えば、「的確に処理する」「的確な判断」
 適格とは、必要な資格を満たしていること。
例えば、「適格者」「彼は代表として適格だ」

⑨意志と意思
 意志とは、成し遂げようとする心。
例えば、「意志が固い」「意志を貫く」
 意思とは、考え、思い。
例えば、「個人の意思を尊重する」「意思表示」

⑩関心と感心
 関心とは、興味をもつこと。心にかけること。
例えば、「車に興味を持ち始めた」「無関心」
 感心とは、心に深く感じること。
例えば、「A君に感心した」「感心な生徒」

⑪好意と厚意
 好意とは、いい人だなあという気持ち。親愛感。
例えば、「私はAさんに好意をもっている」「好意的な態度」
 厚意とは、思いやりのある心のこと。
例えば、「厚意に感謝します」

⑰保証と保障
 保証とは、間違いがなく確実だと責任をもつこと。
例えば、「品質保証」「保証書」
 保障とは、生命、財産、権利を保護して守ること。
例えば、「安全保障」「自由保障」

⑬開放と解放
 開放とは、あけはなし、自由に出入りできるようにすること。
例えば、「窓を開放」「市場開放」
 解放とは、体や心の制限を取り除いて、自由にすること。
例えば、「人民解放」「人質解放」

⑭鑑賞と観賞
 鑑賞とは、芸術作品をみて、味わうこと。
例えば、「映画鑑賞」「絵画鑑賞」
 鑑賞とは、動植物や自然を見て楽しむこと。
例えば、「自然観賞」「熱帯魚観賞」

⑮指向と志向
 指向とは、目指して向かうこと。
例えば、「指向性マイク」「指向性アンテナ」
 志向とは、志をもって向かうこと
例えば、「ブランド志向」「権力志向」

エントリーシートの完成度を上げると面接は楽に!
現役大学キャリア講師上場企業元採用担当者
あなたのエントリーシートを添削します。

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/1084
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります