グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一

ES/面接カード★小論文対策★ES/面接カードの志望動機/長所短所/自己PR/エピソード書き方★グループディスカッション対策★集団討論対策★面接対策について採用担当者の視点を伝授します。


テーマ:
エントリーシート:自己PRと長所の違い


自分の中の優れているところの中で
企業に貢献できる能力・性格(青の部分)が
自己PR

どんなに優れている能力でも
企業に貢献できないことはアピールポイントになりません。

ということは、
企業によって求める人物像が違うので
自己PRも違ってきます。
雛形を作成し、使いまわしをするのは避けるべきです。

企業研修をしっかりと行い、
企業が求める人物像を理解しなければ、
「自己PR」において共感性を持つ能力はアピールできません。

何がその企業にとって魅力的なメリットなのかを把握するためには、企業研究が必要になって来ます。


まずは、企業が求める人材像にマッチしたPRを作るために、さまざまな長所の中から「使える」長所を選別していきましょう。

「使える」長所の基準は、ずばり、それを語るエピソードが豊富にあるものです。

エピソードが豊富にあるということは、「再現性」を持っていることです。

自己分析、自己棚卸しを十分に行うことにより、「使える」長所の抽出ができます。

企業研究を十分に行うことにより、自己PRが抽出できます。

自己分析のまとめはこちらへ
http://ameblo.jp/shinichi-itou/entry-11421208652.html

企業研究のまとめはこちらへ
http://ameblo.jp/shinichi-itou/entry-11435110695.html


次の記事
【エントリーシート:PDCAサイクル7つの能力】
【エントリーシート:影響の輪4ステップの広がり】
【エントリーシート:覚えておきたい言葉の使い方】

ブログパーツ

ES・面接カード完成度アップ
更に詳しく知りたい方へ
http://nagoya-naitei.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

グループディスカッション/面接対策の教科書 伊藤伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります