• 30 Sep
    • 期末

      さっきから今週末のプレゼンに向け資料を作ろうとするも、パワポを開いて一文字修正するたびにフリーズ。どうやらもうこれっぽっちも仕事をしたくないらしいwということでブログ書きます。今日で9月も終わり。うちのグループは9月決算なので今日が期末。思い出してみたらいろいろあったなぁ。。メンバーが2人辞め、ボスには泣きつき、ケンカし、スネて、それでも何にも変わらないことにやっと気づいて、と思ったらナショナルクライアントが落ちてそれどころじゃなくなって、新人が入ってきて、やっと今盛り返して来たところ。実は同じ仕事をずーっと続けるのってあんまり得意じゃない。今の仕事が職務としては一番長いかな。かれこれ3年ぐらい。3年程度でずーっとなんて言うと大先輩方に怒られてしまいそうだが、常に瞬発力重視で最初にどれぐらいアイディアと機動力で頭一つ飛び出すか?が勝負だと思ってたけど、今回持ち直せたことは自分にとってとても価値があったと思う。コツコツと努力を続けていくことが、時間は例えかかったとしても必ず結果に結びつくということが体感できた。結構当たり前のことだけど今まで体感したことは少なかったように思う。なんでもすぐできちゃう仇かも。器用貧乏ってやつ。それから記憶力が極端に悪いから1年前に頑張ったこととかは3ヵ月後とかには忘れちゃうのかもな。でもさすがに仕事だと「今クールはこれやりまっせ!!」と社員全員にプレゼンするので忘れることもなく、やっと今その果実を味わえた。素直に大きな収穫だと思う。大学2年生のときにラグビー部でいやいやウェイトトレーニングをやらされ、「こんなんやったって絶対体大きくなんないし。」と思ってやってたけど、ありがたい先輩方に鍛えていただき、なんと体重が55kgから62kgまで膨張。もちろんほとんど筋肉で当時は体脂肪率7%!!大きくなったのは大胸筋とか上半身だったのに不思議と足がすごい速くなった。うそみたいな本当の話。足が速くなりたい方はぜひ騙されたと思ってウェイトトレーニングをぜひ♪今日はなんととってもキレイにライトアップされていたパリのセーヌ川にかかっていた橋の写真。

      テーマ:
  • 23 Sep
    • 店じまい

      僕の周りで2つ店じまいがあった。非常にショックが大きいせいか体調も精神面も優れない。まだ詳細を明言して気丈に振舞える自信がないのでこれぐらいの言及に留めておくがとにかくショックを隠しきれない。事業を立ち上げて撤退する人の気持ちってどんな感じなんだろうか?バーチャルでいくら自分で会社を立ち上げた気分になっても、それはやはりバーチャルでしかなく、想像の域を超えようとはしない。日々の心労だったり、眠れなかったり、自信がなくなったり、それでもいい時を味わっていてその味を忘れられなかったり・・・ということを考えると、数々の会社が倒産寸前に悪あがきで悪事を働くのも少しは解る気がする。倫理観を、理性を売ってでも続けたい理由が。ちょっと重い話になってしまったので最後はHappyな写真で。どこだかわかりますか?

      テーマ:
  • 22 Sep
    • 草津

      先週の3連休で草津に行ってきました。いつもはクリスマスの連休に行っているところだが、今回は奥さんの出産と重なってしまうので前倒し。これはお決まりの湯畑ですね。こんなに青かったっけ?と思いパチリ。リビングはこんな感じ。いつもは冬に行っているから暖炉に火が入ってるけど、まだ秋なので残念ながら暖炉でおいたはできず。。でもその代わりに庭で温泉上がりに美味しくビールをいただきました!全部で4回もお風呂に入っちゃってちょっとぐったりしたけど、だいぶリフレッシュはできました。夕方には二人でサイクリングロードを散策。田舎に行くと「空気がキレイ!」とか「空気が美味しい!」とか言ってる人がいて「ホントかよ!?」とか思ってたけど本当に空気が美味しい。清々しい気持ちになる。田舎にずっと住みたいとかは思わないけど、たまにこうして贅沢な時間を過ごしに来るのはものすごく幸せなことだと思う。結婚してから大体1年の行事が決まってきた。年末は行事が目白押しなのだがその中の一つがこれ。今後も継続して草津に行きたいと思えた十五夜の秋の一こまでした。

      テーマ:
  • 04 Sep
    • ステレオタイプ

      今、日曜日の午前中にMarkに英語を習っている。今回の授業のネタは「ステレオタイプ」。Wikipediaによると、「元々社会学の用語で、紋切り型態度とも言う。印刷のステロ版印刷術が語源で、判で押したように同じ考え方や態度や見方が、多くの人に浸透している状態を言う。」とのこと。授業の中で、Saekoという日本人の女性とEdomundというおそらくスペイン人(Mark曰く)がそれぞれ仕事で悩みを抱えていて、その悩みを友人に対して手紙を書いている。それが非常に面白い。日本人女性のSaekoは友達に・Edomundはミーティングの際に非常に距離が近くて気分が悪い・ずっとこっちを見つめていて気持ち悪い・人が話しているのをさえぎって話す失礼なやつ・うまく行かないから上司に話して部署を変えてもらおうとこんな調子。それに対してEdomundは、・Saekoはミーティングしていても目を見て話さない・はっきりと意見を言わない・質問しても意見が返ってこない・直接話をしてなぜうまく行かないか解決しなくてはといった感じ。面白いのはEdmundの「途中で話を遮って人の話を聞かない」という部分。実はこれスペイン人だけではなく、欧米人全体に言えることだとMarkは言う。アメリカはもちろんのこと、海外では自己主張が美徳とされる。自己主張しない人間は退場するべきなのだ。それから、英語やフランス語などのラテン語を基調とする言語の場合、文章の最初に主語+動詞が来ることが多い。それに対し、日本語は全文聞かないと理解できないことが多いし、主語が省略されることも多い。つまり相手を思いやって初めて理解できる言語なのだ。例えば、「昨日海に行ってきたんだー」という一文。誰が?は当然話している人だが、これが英語だと「I went to beach yesterday.」となる。かならず主語が頭に来るて、その次に動詞が来る。そういった違いもあるのだろう。そういえばイタリアに奥さんと旅行に行ったときに衝撃的な場面に遭遇。ホテルのフロントでイタリア人のホテルマン(男)と客と思われるおばさんがものすごい勢いで討論している。会話は最後までお互い聞かず、かぶせるかぶせる(笑)イタリア人のケンカってハンパないなー!と思ってみていたら、なんとその後二人で笑っているではないか!そう、ケンカではなかったのだ。日常会話だったのである。これは自己主張しなかったら生きてないのと一緒だなーと思い、文化の違いを肌で感じたひと時であった。また、Saekoの意見について。これって典型的な日本人と外国人のGAPだなーと思う。日本人は仕事だけでなく、プライベートでも同じく、はっきりと物事を言わないことに美徳があるとされる。要するに慮る(オモンパカル)というやつだ。しかし。しかしだ。日本でも多種多様な考え方が存在し、いろいろな方法で自己主張することもでき、アメリカ的な資本主義が徐々に浸透してきた日本において、慮ることにより相手が考えていることを察して理解するのがどれほど難しいことか。この1~2年の間に特に強くそう感じたのはやはり仕事において。元々僕はEQは高いものの、他人が自分をどう見ているか?に関しては、平均点ぐらいなのに対し、自分がどう感じているか?を自分が理解する能力は非常に高いという分析結果が出ている。そう、つまりセルフィッシュってことね。だからこそ自分が思っていることは言葉で直接的に伝えるのがBESTだと思っているし、他人がどう思っているかなんて慮ってもわからないし、わかったつもりでも合ってるかなんてわからない。もちろん自分が子供であることを否定するつもりはないが、それにしてもどうなんだろう?と思うことがある。僕が言いたいことは、どんなに近くにいる人でも言葉に出して言ってあげないと思っていることは伝わらないということ。夫婦でも相棒でもパートナーでもそう。これでもかってぐらいお互いアウトプットしあい、お互いを理解しあわないと、きっと理解し合えないのではないか。もちろん言い方次第という部分は大いにある。相手を思いやって言っているのか、ただの自己主張なのか。日本語の言い回しには非常に豊富な言い回しが存在する。そういった言い方をした方がいい場合もあれば、ダイレクトに想いを伝えた方がいい場合もある。社会や思考が国際化していくにつれて、きちんとアウトプットすることが必要になってくると感じた今日この頃。ちょっと固い話になってしまったので、最後に今朝うちの玄関に突然現れたお客さんの写真でお別れです。

      テーマ:

プロフィール

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。