検索・技術の読み取り・調査・分析に必要不可欠な

特許分類。

特に熟練した人でなければ

一見してこの分類がどの技術を表しているの?

ということはすぐわからないということはよくあることで…

image

その場合大きな味方になるのはPMGS

(パテントマップガイダンス)がPlatpatにあるのですが

いちいち分類をインプットしなければならない

という迂遠な感じがするのです。

 

そういえば昔IPC第七版で特許庁が編集した冊子があり

9分冊になってて1-8分冊はAからHの各セクションごとに

メイングループごとにFI(サブグループ、分冊記号含め)が掲載されています。

ここまでの情報量はわざわざ冊子をめくるよりは

PMGS叩けばよいのですが

 

個人的には残しておけば便利なのにな

というのが第9分冊にあります。

クラス-サブクラス対応表があり

クラス サブクラス
A01 A01B
A01C
A01D

これがとてもコンパクトで便利だと思っています。

これに引き続きサブクラス-メイングループの対応表が

これはかなり膨大な表が掲載されています。

 

またIPC第八版の説明会用資料に

セクション-サブセクション-メインクラスの

対応ツリーがありこれも一覧性に優れ

 

セクション サブセクション クラス
A A0X A01
A2X A21
A22

 

この分類ってこの技術か…

とざっくり判断するのに便利なのですが

これらは全部絶版になってしまい

またWeb上にもないのでかなり不便ではないかなと思っており

印刷したものをファイリングして使ってますが

どこかいい資料ないでしょうか…

 

こんなのです…全分野がおおむねA4数枚下手すれば

裏表で総覧できるもの…

セクション サブセクション クラス
A A0X A01
生活必需品 農業 農業など
A2X A21
食料品,たばこ ベイキングなど
- A22
- 屠殺など

 

なければこのブログでまとめてしまったもいいのではとか

思っています…

 

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村