【安倍の毒花】水道民営化で料金高騰必至 | 進撃の庶民 ~反新自由主義・反グローバリズム

テーマ:
↓まずは、クリックをお願いいたします<(_ _)>
人気ブログランキング

 

佐藤健志氏が、「読めば納得」の、先日行われた統一地方選の結果の詳しい分析をされていらっしゃいます。

 

 

↓進撃推奨のサイト群。画像をクリックしていただければ、リンク先に飛びます。

 

 

 

 

 

 

*******************************************

【進撃新企画】政治ブログランキングを席巻せよ

 

安倍信者ブログが多数を占める人気ブログランキング(政治ジャンル)を進撃界隈ブログで席巻すべく、まずは手始めに、「全ブログ50位位内」を目標に、日々、下記の各ブログを巡回していただき、人気ブログランキングのクリックを押してくださいますよう、お願い申し上げます。

 

 
 
 
 
 
 
 

日本を安倍晋三から取り戻す!真の国益を実現するブログ

 

 

 

あなたのクリックが日本を変える!

 

※「反新自由主義・反グローバリズム」を掲げるブログで非安倍信者ならば、どなたでもご参加可能です。進撃宛のメッセで随時受け付け中!

*******************************************

↓忘れずにクリックをお願いいたします<(_ _)>
人気ブログランキング


【進撃の庶民参加メンバー・推奨ブログ関連】

 

 

 

 

【朝刊進撃編集長のちょっと独り言】

 

毎度のことながら、無責任であることを取り繕おうともしない安倍首相の思い上がりぶりには反吐が出るが、きょうの「桜を見る会」では、もうひとつ、唖然とするような光景が繰り広げられた。

 

というのも、じつはきょうの「桜を見る会」の招待客のなかに、あのフェイクデマ拡散ネトウヨ番組の面々が含まれていたからだ。そう。『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)の出演陣たちである。

 

たとえば、テレビ朝日が午前中のニュースで報じた映像を見ると、安倍首相と昭恵夫人を取り囲んでいたのは、百田尚樹に有本香という世紀の欠陥本『日本国紀』(幻冬舎)のコンビに、ケント・ギルバート、竹田恒泰、上念司、石平太郎、須田慎一郎、大高未貴、藤井厳喜、武田邦彦らといった『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)のメンバーたちだった。

 

(中略)

 

総理大臣が自分の応援団であるネトウヨ文化人たちのネット番組に嬉々として出演する──。この事実だけで愕然とさせられるが、結局、安倍首相はこうした輩に慰撫されたくてたまらないのだ。

 

いや、安倍首相を慰撫する“喜び組”の応援団のほうも同じだ。

 

(後略)

安倍応援言論人に対して、“喜び組”という上手い表現を思いつかなかった己の才能の無さが悔しくて。

 

日本人であるのならば、日本人を虐げ、日本を破壊し尽くす安倍のことを支持、応援するとかあり得ないのですが、「今だけ、カネだけ、自分だけ」の連中には日本の子供達の未来のことなど、どうでもいいんでしょう。

 

そんな唾棄すべき存在の喜び組共が褒め称える安倍による日本破壊の一つに「水道民営化」があります。

 

それについての良記事が以下。

(前略)


改正水道法の第14条に仕込まれた「健全な経営を確保する」との文言は、数年後に運営権者が「管路改修費等を資産維持費に算入して原価に組み入れた料金設定」を自治体に迫り、その水道条例を自治体が議会で通すための公明正大な法制度上の根拠となるに違いない。

実は、これを論拠として算入されそうな「原価」が、まだある。たとえば、電気事業では「配当金等」が原価算入を認められてきた。ガス事業でも「株主配当等」が同じく算入され、料金が弾き出されてきた。水道コンセッションでも同じことがなされるはずだ。

そうなれば、運営権者は自治体に、「健全な経営を確保する」ための新たな原価算入による新料金を迫り、自治体はその金額を勘案して料金上限を決め、その水道条例を議会に提出する。議会でも結局は条文の理屈に押されて反対質疑が尻すぼみになる。

地方自治法を骨抜きにした「新PFI法」(PFI=プライベート・ファイナンス・イニシアティブ/民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律)と、堂々と料金値上げができる改正水道法の「文言挿入」で、戦後日本が「国民の水道」として築き上げてきた「水質の安全性」「供給の安定性と公平性」「料金の適正性」の3つを失うことになりかねないのだ。
 

(後略)

改正水道法の条文を精査し、そこに埋め込まれた文言を読み解き、水道民営化がなされた暁には水道料金が値上げされることが必至であることを、上記の記事のジャーナリストは指摘されています。

 

日本国民の皆様。安倍一味は、日本国民の命の水である水道を、一部の外国水道企業の利益の為に解放する算段です。

 

もうすぐ訪れる「令和」という時代は、嘘つきの安倍が言うような「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる」ようなものではなく、

 

日本破壊魔王・安倍が埋め込んだ数々の毒花が大きく咲かせる時代です。

 

いつまで安倍に騙され続けたら気が済むんですか?!と思われた方はクリックを!

↓↓


↑↑↑クリック♪クリック♪

進撃の庶民さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります