海山物語 「贈り物」その4 “偉大なるは「料理」の力! 優れた料理人は人類の王様だッッ” | 進撃の庶民 ~反新自由主義・反グローバリズム

 本日は、バケツリレー様の寄稿コラムです! 主人公のウィリアムが料理を教えてもらう回なのですが、マーシュさんの言葉がなんとも素敵です。私(ヤン)も料理好きなので、思わずニンマリ。

 続き物ですのではじめから見たい方はラドヤード・キプリング『海山物語』のカテゴリーからどうぞ!!

現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です

⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!


海山物語 「贈り物」その4 “偉大なるは「料理」の力! 優れた料理人は人類の王様だッッ”~バケツリレー様

『海山物語』

(ラドヤード・キプリング著 マクミラン発行 1923年初版 1951年再編集版)

底本 Land and Sea Tales for Scouts and Guides
by Rudyard Kipling  MACMILLAN AND CO.,LIMITED  1951
(First Edition November 1923)

 

第4話

「贈り物」 その2

 

(訳者より

前回までのあらすじ~

20世紀初め、ボーイスカウト「ペリカン隊」のキャンプにて。

落ちこぼれの少年隊員「うっかり」ウィリアム・グラス・ソーヤーは、先輩格の「エビ」さんをやり込めてくれた「パン屋のマーシュ」氏にちょっとした感銘を受け、一念発起。マーシュ氏に料理を教えてくれるよう頼みます。

するとマーシュ氏は自分の店から薪と前掛けを取って来るよう、ウィリアムに言いつけました。

 

 

ウィリアムは笑いをこらえながら駆け出した。彼が帰ってくると、マーシュ氏は仕事用の長くて白い前掛けを着けた。それはかなり目立つ代物だったので、遠くにいた「セイウチ」(カーペンター)さんもすぐに戻ってきた。

 

 

「しっしっ!」

とマーシュ氏はカーペンターさんが声をかける前に言った。

 

「あんたは自分のことを続けておけ。

わしの名はマーシュ。

息子は昔ボーイスカウトだった。ヘンドン街道のバッファロー隊だよ。

大丈夫。老人の愉しみを邪魔せんでくれ。」

 

「セイウチ」さんは驚いて、赤く上気した顔であちこち動き回っているウィリアムを見つめた。

 

「大丈夫です」とウィリアム。

「この人は、料理の稽古をつけてくれているんです。」

 

そして、言葉が自然と口から滑り出た。

「おれが責任を取ります」

 

「そうそう! この小僧、わしが料理できると見抜きおった。

大した少年ホームズだよ! あんたは自分の用を続けてなさい」

 

マーシュ氏は「セイウチ」さんに背を向け、再度ウィリアムに何か言いつけると、道の向こうの店へ送り出した。

「ついでに、全部かご1つに詰めてくれるよう頼んだ方がいいぞ!」

と彼の背に向かって叫ぶ。

 

 

ウィリアムはいろんな材料を一通り取り揃えて戻って来た。卵に、うす切りベーコン2枚、登録商標付の小麦粉1パックがある。昨日マーシュ氏が、店主は自分の商品を語るものじゃない、と言っていたところのものだ。

 

フライパンは、他の残り物と一緒に荷車の中から出てきた。それに油を引き終わる前に、マーシュ氏がウィリアムの名を尋ねた。フルネームを知るや、この太った男に不思議な変化が現れた。

 

「それで、ミドルネームのつづりはどうなんだ?」

とマーシュ氏。

 

「G、l、a、sが2つ、e、です」

とウィリアムが言う。

 

「そいつは母親の姓じゃあないか?」

 

ウィリアムはうなずいた。

 

「うーむむ! こいつぁ驚いた! 

驚いたよ。素晴らしい名だ。

昔、料理人の家系でソーヤーというのがいたが、これはフランス系でつづりが違う。

グラスの方は間違いないが。

で、これはお母さんの姓だと?」

 

ウィリアムは聞こえない様子で、フライパンを手にしている。そうしてその縁で、見事に卵を割ってみせた。

 

「お前さんがその子孫かどうかはともかく、その名に見合うよう生きるのがいいな。」

 

「なぜ?」

とウィリアムは言って、フライパンに卵を落とし、熟練の塗装工のように均一に広げた。

 

「いつか教えてやろう。

グラスという女性はとても素晴らしいコックだったんだ。

今の物価だと、彼女の料理はぜいたくなものになるだろうがね。

ま、お前さんはフライパンの相手をしとるから、わしは推理を続けるとしよう。」

 

少年は赤い炎の上でフライパンを動かした。動かし方は、叔父の仕事のために何かを「煮沸」していた時に、どうにかこうにか覚えたものだった。ウィリアムには、自然で簡単なことに思える。マーシュ氏は、少なくとも二分は押し黙って見ていた。

 

「言い切るのは早い……まだ」

というのが彼の結論だった。

 

「だが望みはある。

お前さんは手際がいいし、わしがコックだと見抜いたんだから素質もあるわい。

お前さんに「神様の贈り物」があるなら…… あくまで、もし、の話だぞ…… 

お前さんにの「天賦の才能」らしきものがあるんなら、お前さんは人生を得たってことだ…… 

そうフライパンを傾けちゃいかん! 

隣人も友人も雇い主も、お前さんの手の内にある」

 

「どういう意味です?」とウィリアムは卵を見つめながら言った。

 

「人間というのは、何を体に取り入れるかで決まる」というのが答えだった。

 

「優れたコックは人類の王様だ―― 気に入らねえヤツに怒鳴り散らすっていうのとは違うぞ。

世界中でただ1つ、確実な商売だよ。

わしは世界を8周した。商船隊に乗ってな。

2番目の女房と結婚する前の話だ」

 

ウィリアムはマーシュ氏の結婚よりフライパンの方が面白いので、何も言わなかった。

 

「そう、いいコックだった」

マーシュ氏は昔を思い出して、話を続けた。

 

「商品取引所から手当てをもらって、たくさんの船を港まで連れて行ってやったもんだ。

腹を満たしてやらにゃ、外洋で暴動を起こされかねんからな」

 

卵、ベーコン共に火が通った。マーシュ氏が素晴らしい仕上げのひと手間を加えて、「セイウチ」さんも一緒にこれを平らげた。フライパンでジュージューいっているところを、ジンジャービールで流し込む。公園の外にあるE・M・マーシュの便利な店から持ってきた、ストーン印の飲み物だ。

 

※ジンジャービールというのは、ジンジャーエールの原型といえるイギリスのノンアルコール飲料です。甘い飲み物。元来、家庭で手作りされるものですが、市販のものも当時から出回っており、ついマーシュ氏もこれを振る舞ってしまったようです。ストーン印のジンジャービール、当時は陶製の容器で売られていたようですが、現在でも瓶詰で流通している模様。もっとも、↓のはアルコール飲料ですが……

 

Stone's Ginger Beer TV commercial

 

「わしがごちそうを台無しにしちまったな」

とマーシュ氏は少年たちに告げた。

 

「だが、こんなに楽しかったことはない。

ノアが船乗りだったころ以来だわい。

片づけをしてくれ、少年ホームズ。

お前さんに話をしよう」

 

マーシュ氏は古いパイプに「雄弁」印のタバコを詰め、ウィリアムがフライパンをこすり洗いしている間、料理の技術と科学と不思議さについて語り続けた。その見事な話しぶりは、フォックスハウンド隊のジョロックス隊長がキツネ狩りの講義をした時のようだった。

 

マーシュ氏の言いたいのは、「料理の力」だった。その「力」は人の胃袋を直撃し、無法者をも変える。こちらがへつらわなくとも、優れたコックに対して人は礼儀正しくなる。海でも、キャンプでも、戦場あるいは(ここで彼は個人的経験に色を付けて語った)大勢の人々が競い合う都会でも、良い食べ物はめったにない。彼に言わせれば、豚小屋に絹の寝間着を探すのと同じである。

 

「そして、いいか」

最後にマーシュ氏は言った。

「最悪に高慢ちきで横柄な連中も、日に3度は腹を満たそうと這うようにしてお前さんのところにやって来る。

そういうのはパイプに詰めて、パッパと煙と一緒に追い出してやるこった、少年ホームズ!」

 

彼は、擦り切れた前掛けを外して丸めてしまった。

 

 

ボーイスカウトというのは、ちょっぴり嫌な気分になるけれども、見知らぬ人から良い助言をもらうことには慣れている。だが、見知らぬ人からベーコン・エッグとジンジャービールを振る舞ってもらうことはめったにない。

 

「何でこんなことになったんだ?」

と「セイウチ」さんが問いただした。

 

「うーん、正確には言えません」

とウィリアムは答えた。

 

そもそも彼は物事を論理的に説明できると思われていなかったので、「セイウチ」さんは自分のウサギ罠の方へ戻って行った。

 

ウィリアムは、サシバエの舞うシダの茂みに寝転んで夢想する。「エビ」さんのことはすっかり忘れ、驚くほど心が広がっていく。

 

間もなく、彼は大海原にいた。どこの海かは、その時が来るまでどうでもいい。強い風が吹いていて、反乱寸前の船員たちにベーコン・エッグを配っている。

 

次に、彼は戦場にあった。ペリカン隊みたいな軍隊で、勲章持ちの将軍たちがおれの調理場に来てベーコン・エッグを食べる、それで戦況をひっくり返して祖国を勝利へ導くんだ。

 

今度は叔父を養ってやっているところ。でっかいレストランの扉のところには、ベーコン・エッグの皿が並んでる。映画館の門番とかの洒落た守衛さんたちが出前を取るんだ。叔父さんは感謝と後悔で涙を流し、バッジだらけの「エビ」さんは、残り物をくださいって頼んでくる。

 

 

こっくりこっくり夢うつつ、ウィリアムはこれまでにない得意な気持ちで、想像の翼を広げる。

 

おれには天賦の才があるのかもしれない、マーシュさんはそう言った。

そのうえ、「うっかり」なんて言われるおれだけど、あの偉い人が思い切り敬意を払うミドルネームが、おれには付いてるんだ。

47番区じゅうが、この名の話で持ちきりになるかも。競馬の記事そっちのけで、夕刊にも載ったりして。

それで、おれがキャンプから帰ったら、多分その1日か2日後かな、叔父さんと対決するんだ。家具の傷消しなんてイヤな仕事とはおさらばさ。

 

 

こうして彼は、ぐっすりと夢も見ずに夕方まで眠った。

ペリカン隊は、料理向きでない野菜や虫でいっぱいの、標本用の小袋を持って戻って来た。

「セイウチ」さんは、その日のキャンプの出来事をまとめて、ヘイル隊長に報告する。

 

「ちょっと待て、セイウチ君。

あの「うっかり」が本当に料理をしたのか?」

 

「マーシュさんが指導してくれたんです。

しかし、大抵は「うっかり」がやりました。

彼が火の上でフライパンを使ったんですよ。

実際に見ました。彼は後で洗い物までしたんです」

 

「あいつが?」

と隊長は軽く言った。

「う~む、こいつは事件だな」

 

「セイウチ」さんが行ってしまうと、ヘイル隊長は、むき出しのひざを3度たたいて笑った。スカウトらしく、音は立てなかった。

 

 

翌朝、ヘイル隊長はマーシュ氏の店を訪れ、キャンプに興味を示してくれたことに礼を言った。街道行進用の固いパンをたくさん買いつつ、もし都合がつくならだが、料理についてマーシュ氏のお話をうかがえれば、ペリカン隊にとってそれに優る喜びはない、というようなことを言った。

 

(続く)

 

(訳者より

「人間というのは、何を体に取り入れるかで決まる」……

まさにその通りだと思いますね。できるだけ良い材料を使って、美味しくなるように、食べれば元気が出るように、真摯に料理する。そうやってできた食事を毎度いただけたら幸せなことですし、健康に生きられる気がします。

 

また、毎日の食事でどのような味覚を身につけるかも重要です。食文化というのは一国の文化の重要な要素ですから、日本人としては御飯とみそ汁の美味しさに親しみを持ち、自分でもささっと作れるようになりたいものです。(パンやパスタもおいしいですけどね) この辺りは、「進撃の庶民」管理人のヤン様が時々書いておられて、毎度楽しみにしているところ。

 

とはいえ、ちゃんとした食事というのは作ろうとすると手間のかかるもの。市販品が楽に買えるなら、少々いい加減なものかもしれなくても、つい手が出るのが人情です。この物語でも、マーシュ氏がつい市販のジンジャービールを飲んでしまい、ばつが悪そうにしています。(手料理が「台無し」になるほどでもないと思いますが……)

 

この物語の時代背景は20世紀初めのイギリス。多くの人々が農村から都市へ向かい、低賃金労働者として働いていた時代。地方の伝統料理は継承されなくなり、都市労働者たちは苛酷な勤務でクタクタ。まともな料理を作る気力も金もなく、出来合いのフィッシュ&チップスなどで腹を満たす。元からさほど豊かでなかった食文化がさらに破壊されていく時代なわけです。

 

イギリス料理がまずくなった5つの理由

 

そういう状況に対する危機感を持ちつつ、キプリングはこの物語を書いたのではないかとも思います。現代日本に生きる私たちとしては、国民の多くが余裕を持って生活できる経済状況の実現を政治に求めると共に、できる限り各家庭でちゃんとした料理を作って美味しく食べられる工夫をしたいものです。

 

それが↓のブログでも述べられている国力すなわち「自力で作る力」を養うことにつながると思います。

次回で「贈り物」は最終回。「うっかり」ウィリアムがさらなる成長を見せてくれます。)

 

 

発信力強化の為、↓クリックお願い致します!

人気ブログランキングへ

 

(※)進撃の庶民では、コラム執筆者を募集しています。

連載でなくとも、単発のご投稿も歓迎しています。

ご興味のある方は、進撃の庶民のコメント欄か、進撃の庶民のメッセージにご連絡くださいますようお願いします。

http://profile.ameba.jp/shingekinosyomin/

 

(了)


発信力強化の為、↓クリックお願い致します!

人気ブログランキングへ

進撃の庶民さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります