グローバリズムとは無責任な自由である | 進撃の庶民 ~反新自由主義・反グローバリズム

テーマ:

 本日は、zuruzuru4様のブログ過去記事からピックアップ! グローバリズムの無責任さを指摘されている、鋭い記事です。

 じっくりお読みいただいて、「グローバリズムの本質とは」とお考えいただきたく思います。

現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です

⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!


グローバリズムとは無責任な自由である~zuruzuru4様

 

 

また日本における中国人の犯罪が報道されている。

 

【埼玉】他人のクレジットカードで宿泊予約をした中国人を再逮捕 「不正予約は数え切れないくらいやってきた」と供述 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541629364/

 

ホテル予約のサイトで不正に入手した他人名義のクレジットカードで宿泊の手配をし決済したとして、埼玉県警は、中国国籍の男を電子計算機使用詐欺の疑いで再逮捕しました。 

再逮捕されたのは中国籍で、千葉県市川市の会社役員陳暁隆容疑者(27)です。 

警察の調べによりますと、陳容疑者は、今年1月から3月にかけてリクルート社が運営する旅行予約サイト「じゃらんnet」で、山梨県内などの宿泊施設に泊まる中国人旅行者の予約を代行した際、他人名義のクレジットカードで、宿泊代金およそ50万円を決済した疑いが持たれています。 

リクルート社が運営する「じゃらんnet」の不正予約は、去年3月から今年8月までに、およそ3000件あり被害は2億7000万円に上っているということです。 

陳容疑者は中国に共犯者がいることを認めたうえで、「不正予約は数え切れないくらいやってきた」と話しています。 
警察は組織的な犯行も視野に調べています。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00010003-teletamav-soc

 

外国人の犯罪は確かに多い。

しかしそれは、外国においてもその国にとっての外国人のその傾向は高いだろう。

韓国では日本人の犯罪率が韓国人より高い、という話もあるぐらいだ。

 

そもそも、地に足をつけてその土地に暮らすという覚悟もなく、いつまでも外人ぶって、おいしいところをできるだけいただこうという考えを持っている限りは、犯罪の誘惑には勝てないということであろう。グローバリズムで、自由に金儲けという世界では、進出した国々での所業は、基本的にカネに換算して考えることになる。

 

それ故に、その人間が持っていた本来的な欲望が露呈していくのである。カネ持っている、軍事力を持つ国の政府に取り入っているなどで、力を誇示できる国際資本家は、進出国の事情などお構いなしに、自らの欲望を満たすままに動くのである。

 

上記の中国人の所業も本国の仲間と通じて、彼らにとっての外国である日本の信用に基づく取引システムを破壊することをわかっていながら、それがばれなければやり続けた結果であった。

 

日本の問題は、消費税増税法人税減税という守銭奴の欲望を加速させる税制により国内需要を叩き壊したうえで、公共事業の半減などの緊縮財政を推進し国民に国内に政府が仕事を出さずに、国内経済が疲弊した状態とする。

 

その状態で経済成長を、自らの労働の蓄積ではなく、インバウンドと称する外人の経済活動に頼り切りの方法でやろうとする。カネ落ちの不労所得のノリで行おうとしている。

当然、そこには労働があるのだが、異なる文化の人間相手というだけでなく、一方的に得をしたい連中に対する奉仕でしかなく、ほぼ乞食のような仕事となるのである。

 

そのような搾取の側面が大きい方法で、今まで祖先が築いてきた遺産を削り取ることで、のうのうと生きようとする金持ち連中の金融ゲームにしか役に立たない活動を志向してきたことであろう。やることは多くあるのに、カネの問題だけで、海外依存することに邁進し、さらには、貧民移民の大量導入でこれを成し遂げようとする姿は、当事者の苦しさをさらに上回る未来の日本人の苦しみをよび寄せるのである。だれも責任を取らない。取らせようとしてもそんな余力もなく沈んでいく未来が透けて見えるのである。

(了)


発信力強化の為、↓クリックお願い致します!

人気ブログランキングへ

進撃の庶民さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります