日銀の「発行銀行券」を、「純資産の部」に置き換える運動を提案します | 進撃の庶民 ~反新自由主義・反グローバリズム

テーマ:

 本日は、 零細応援様の寄稿コラムです!

 零細応援様(ブログ:働く人のためのケインズ革命)のから寄稿をいただきましたので、掲載させていただきます。

 大変面白そうなアイディアでして、じっくりと皆様で検討いただきたいと思います。これ以外のアイディアですと山口薫博士の公共貨幣システムなんかもあったりします。

 あるべき理想の貨幣制度のあり方とは? を議論してみるのも一興かもしれません。

現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です

⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!


日銀の「発行銀行券」を、「純資産の部」に置き換える運動を提案します~ケインズ革命様

日銀のバランスシートの【貸方・負債の部】に置かれている「発行銀行券」を、【貸方・純資産の部】に置き換える運動を提案したいと思います。

「発行銀行券」とは、紙幣発行行為のことを指しているのに、「券」という物的なものを意味する文字が使われています。これは何の意図なのか分かりませんが、金本位制の頃から使われていたことを考えると、紙幣発行行為によって借方で生まれた現金が国債などの資産に置き換わっているために、いくら貨幣を発行したか見えにくくなるので、それが見えるように、相手側勘定を利用して記録しようとしたものであるか、または、借用証といった意味を持たせ、金との交換義務の存在を表現しようとしたものか、のどちらかであろうと推測します。

そもそも、いまだに「発行銀行券」が「負債の部」に置かれている理由は、金本位制において兌換紙幣を発行するときに、兌換紙幣の発行の表現として、
【借方・資産の部】兌換紙幣100万円/【貸方・負債の部】金との交換義務100万円
とされていたものを、金本位制が廃止されたときに、兌換の義務が無くなったにも関わらず、当局のサボタージュから依然として【貸方・負債の部】に置かれたままになっているにすぎないものです。

つまり、すでに兌換(金との交換)の義務はないのですから、正しくは、
【借方・資産の部】不換紙幣100万円/【貸方・純資産の部】紙幣発行行為100万円
でなければなりません。

金本位制から管理通貨制度に変わったときに、兌換紙幣は不換紙幣となり、何ら別のものとの交換義務を負わなくても良くなりました。
「不換」とは交換義務を負わないという意味であり、【負債】とは返済の義務を負うという意味ですから、不換紙幣の発行のときに、相手方勘定に負債が立つのは言語的にも矛盾しています。

この会計方式を変えさせれば、政府債務の見方は相当変わります。つまり、日銀の保有する国債はすべて純資産であることが判ります。

貨幣発行行為で【借方・資産の部】に現金が発生しますが、その現金で国債を買ったところで、現金という資産が国債に換わるだけで、貨幣発行行為という純資産の額は変わりません。だから、日銀の保有する国債に対応するものは純資産となります。

ゆえに、貨幣発行行為を【貸方・純資産の部】に置き換えれば、貨幣を発行するたびに増えるのは純資産となります。いくら、日銀の保有国債が増えようとも、それは純資産なのですから、気にする必要はありません。
それどころか、日銀の純資産が増えることで、日本人は豊かになった気がするでしょう。実際、貨幣発行量が増えているということは、国家経済がインフレに誘導され、経済発展しつつあるということですから、その感情は正しいものです。

資産を放棄することで純資産を減少させることが出来ますが、純資産額を貨幣発行量の統計と見るならば、国債はいままさに貨幣発行が行われたことの証ですから、国債という資産と純資産を相殺して、純資産を減少させるのは間違いです。

税収による政府債務の返済とは、政府が国債を民間から回収することはありません。政府が直接、金融機関の国債を買い取り政府債務を返済すれば、金融緩和と同じとなり、中央銀行システムに違反してしまいます。よって、税収による政府債務の返済とは、政府が国債を日銀から回収するという意味になります。

政府が国債を日銀から回収すれば、日銀のバランスシートの【借方・資産の部】に存在する国債という資産は、現金という資産に転換されます。この現金は、財市場に供給されていたものが回収されたもので、未発行の貨幣になりますから、純資産が貨幣発行残高を示すからには、現金と貨幣発行行為を相殺し、純資産を減少させるべきでしょう。
このような事情で、日銀の【借方・資産の部】に存在する資産で、純資産と相殺されるべきものは現金だけなのです。

金融緩和による政府債務の返済とは、政府の発行した国債という融通手形を、日銀が肩代わりして引き受けるという意味です。このとき、政府の民間への返済義務は消滅しますから、とりあえず、政府債務の返済が行われたと見るべきでしょう。
ただし、そのときでも、国債と貨幣発行記録つまり純資産は相殺されるべきではないということは上記に述べた通りです。

ところが、現在のように、貨幣発行行為が日銀のバランスシートの【貸方・負債の部】に置かれていれば、当然ながら、貨幣を発行するたびに負債が増えることになります。現在の統合政府の借金という考え方は、貨幣発行行為が日銀のバランスシートの【貸方・負債の部】に置かれていることに起因します。

しかし、これを、日銀のバランスシートの【貸方・純資産の部】に置き換えれば、どんなにボンヤリしている者でも、国債をすべて日銀に引き受けさせれば、政府の借金は無くなるということに気付きます。なにしろ、日銀保有国債の相手方勘定は純資産なのですから。

それに気付けば、あとに続く、貨幣発行残高という純資産はどのように解釈され、どのように処理されるべきかは、自然に答えが出て来ます。

要は、国民に気付かせることです。そのために、最も手っ取り早い方法が、日銀のバランスシートの【貸方・負債の部】に置かれている「発行銀行券」を、【貸方・純資産の部】に置き換えるという単純な方法なのです。

(了)


発信力強化の為、↓クリックお願い致します!

人気ブログランキングへ

進撃の庶民さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります